最新情報・レポート

トイレのつまりの原因となるもの

トイレのつまりの原因である物といえば、まず多いとされているのがトイレ用紙です。トイレ用紙は水に溶けるといってもたくさん流したりしてはトイレのつまりの原因となります。次に考えられるのが、ボールペンやオムツなどの水に溶けないものをながしてしまった。他に考えられるトイレのつまりの原因として、節水するためにトイレのタンク内の水量を減らし、流す水量が足りずつまってしまった、便器自体が老朽化してしまったなどいろいろあります。また、トイレのつまりの原因とまでは言いませんが、トイレがつまりやすい便器の形もありますから購入する際には、メーカーや購入するお店で確認しておくと、設置後につまるリスクを減らせると思います。そして、トイレがつまりを起こして水がながれなくなってしまった場合どうするか。自分で直すといった選択もありますが、水回り修理業者に修理をしてもらうという手があります。修理業者に問い合わせをして、家に来たらすぐに作業する訳ではありません。作業員がトイレのつまりの原因や状況を把握し、見積もりをしてから、依頼者に確認・許可を得て行います。このように作業前に見積もりを提出してもらってから作業します。ですから、余計な心配がなく依頼をする事が可能ですので、自分で無理して直そうとせず、修理業者と相談してもいいと思います。何か困ったことがあればまずはネットなどでお近くの業者を探してみてはいかがでしょうか?またその他の対処方法も載っているので参考にしてもらうといいと思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム