最新情報・レポート

トイレの水が流れない原因

水洗トイレの水が流れないという問題の原因は多くはタンク内の水を流す仕組みのいずれかが機能していないことにあります。一般的な水洗トイレのタンクから水を流し、また水を溜める仕組みは、水洗のレバーを上下させるとゴムフロートと呼ばれる排水弁の蓋のようなものが持ち上がって水が流れ出て、それでタンク内の水位が下がると浮き玉が下がり、ポールタップと呼ばれる給水弁が開くことで手洗い管から水が出てタンク内に流し込みタンクの一定のところまで浮き玉が上がったところで止まるようになっています。
トイレの水が流れない原因が断水や止水栓が閉まっていることでなければ、トイレの水が流れない原因はこのようなタンク内にあると考えられます。水洗レバーの感触が無かったり普段より弱ければ、ゴムフロートを持ち上げる鎖が切れていたり外れている可能性があります。また浮き玉が何かに引っかかっているなどで水位に合わせて移動しないこともトイレの水が流れない原因になります。
ゴミや水アカでポールタップが動かず開かないこともあります。いずれかの原因によって部品を交換したり掃除をしたりすることでトイレの水が流れないトラブルは解消することができます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム