最新情報・レポート

水漏れの原因となる不具合

水漏れの原因の一つに、トイレタンクに何らかの不具合が生じた場合というのがあります。
水を流し終わった後、いつまでも少量の水が流れ続けているなど水漏れの原因がトイレタンク本体に有りそうだと思われましたら、まずトイレの元栓部分を締めます。その次にトイレタンクの蓋を開けて中をのぞいてみて下さい。中に鎖があるかと思います。その鎖の垂れ下がった一番先に穴を塞ぐゴム製の栓の様なものがあります。この栓が、正しく穴を塞いでいるかどうか確認して下さい。
もしも栓が外れていましたらこれが水漏れの原因ですので、正しい位置に戻して穴を塞いで下さい。栓の位置が正しく穴も塞がれている場合は、栓を確認して下さい。恐らくゴムの劣化・老朽化が水漏れの原因になっているかと思われます。栓はメーカーごとによって実に様々な形大きさ厚みがありますので、必ずメーカー名、品番などを確認して購入して下さい。中には型番が古く、日用品店では購入できない物もあるかもしれません。
そのような場合にはメーカー側に問い合わせをするのが必須す。以上の処理をされても、まだ尚水漏れするようでしたら、水漏れの原因は特別な知識を必要とするものだと思われますので、業者手配が必須です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム