最新情報・レポート

水周り工事が必要なときには

どんなに素晴らしいお住まいでも、20年30年と経ちますと必ずといって良いほど水回り工事が必要となりまってきます。
特にお風呂の工事は水周り工事の中でも、最も大掛かりな工事というイメージがあります。ひどい場合は、風呂釜の底が腐って抜けてしまう事もあるそうです。何と言っても長時間お湯を溜めておく場所ですから、湯気による湿気は免れず、他の水周り工事に比べ、周囲の壁や床の内側にひどい腐食がおこることは当然でしょう。実際に数年前、築30年弱の実家がお風呂のリフォームをした際、風呂釜を取り除いた下部分の腐食具合を見て、目を覆いたくなった事を覚えています。ですから、水周り工事を依頼する際、特にお風呂の工事を考えていらっしゃる方は、必然的に、風呂釜の下部分あるいは周囲の壁などの補修工事がついてくるという事を覚えておかれると良いでしょう。
トイレもまた常に水が溜まっている箇所として、いつか水周り工事が必要になり得る場所です。湯気は無くとも湿気は発生しています。少しでもお住まいの傷みを和らげるために、換気扇による適度な換気をしましょう。窓があるお宅でしたら、お天気の良い日には窓を開けて、風通し良くしておく事も必要です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム