最新情報・レポート

排水のつまりの要因

排水のつまりは排水溝部分で流す際に油脂やその元である食べ物等が要因な事が多いです。
日が浅い油汚れは一般家庭向けの液体タイプのパイプ・クリーナーで汚れを分解し排水のつまりを改善する事ができますが、油脂分というのは排水パイプの内側部分にこびりつき、ゆっくりと固まっていくのです。そして表面にまた次から次へと新しい油脂がついていき、また固まっていくということを繰り返すので、どんどんその油脂の層というのが厚くなっていき排水が流れる道の部分が細くなります。つまりこの状態のまま使い続けることによって詰まりやすい環境となっていくのです。
この様な場合は一般家庭向け液体タイプのパイプ・クリーナーを使っても数日から数週間でまた排水のつまりを感じる様になります。
これの繰り返しでどんどん排水環境が悪化していき結果排水のつまりが酷くなっていく。
排水のつまりを自分で直そうとするのは配管に関係した経験・そして基礎的な知識が不足しているととても大変だそうです。時には配管をバラしたりする事もあるそうです。
時には不調の原因が蓄積した油汚れではない時もあります。
ゴミが溜まっていたり、スプーン等を排水へ流してしまったり、配管が正しく施工されていない、配管が外れたり破損している、配管劣化など等、自分では分からない原因が色々あるかもしれません。自分でやるより排水の修理業者に頼んだ方が安心かもしれません!

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム