最新情報・レポート

蛇口の水漏れをパッキンで修理

蛇口の水漏れはパッキンやゴムを新しいものに換えてあげるだけで、ほとんどは自分でも直すことができます。
パッキンやゴムを新しくしても水が止まらない時は、蛇口本体に問題があると思われますので、すぐに修理業者に相談しましょう。蛇口部分からの水漏れは、ポタッ、ポタッと音が気になってしまうだけではなく、大変な水の無駄遣いになります。ハンドル部分をしっかりと閉めても蛇口からポタッ、ポタッと水漏れする場合は、パッキンの摩耗が原因と考えられます。蛇口の水漏れでパッキン部分の交換する場合は、作業をはじめる前に必ず止水栓を閉め、水漏れ個所を確認しましょう。
使用するパッキンは日用品店などで手に入りますので、サイズや型式、メーカー等をチェックし購入します。特殊な蛇口の水漏れ時のパッキンについては、最寄りの施工業者またはメーカーの方に問い合わせてください。蛇口の水漏れはパッキン部分が正常なら指2~3本で軽く閉めれば完全に止まります。強く閉めれば止まるからといって使い続けると、壊れて水が止まらなくなったりする場合もあるので注意しましょう。
インターネット上では、蛇口の水漏れ時のパッキンの交換方法はたくさん載っていますが、知識も必要なことですから、難しい場合には無理をせず、業者に依頼するようにしましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム