最新情報・レポート

水のつまりを起こす原因

洗面台でちょっとした問題が起きてしまいました。何だかここの部分で流れの不具合を起こしているようです。流した水が排水溝に全部行くまでにとても時間がかかってしまいます。もしかしたら?と思いネットでいろいろ調べてみたらやはり水のつまりを起こしているようです。今回のケースでは洗面台下にある排水管のどこかで水が流れない状態となってしまい、水のつまりとなりなかなか排水溝から水が流れていってくれないようです。
ちょっとずつ流れる場合と、どれだけ待っても流れない場合の2種類になるかと思いますが、ちょっとずつ流れる場合でならば排水部を綺麗に掃除するだけで水のつまりを解決出来る事が多いです。
しかし逆にどれだけ待っても流れない時は問題となってしまいます。このケースでは清掃や洗浄などだけでなく、トラップという箇所を確認しなければいけません。
多くはトラップ部分の水面、そして底面の部分に髪・髭・歯磨き粉の塊等、水では流しきれなかったものが蓄積され、水の流れを悪くしてしまっているのです。
つまりこういったケースの水のつまりを起こす原因としては髪・髭・歯磨き粉などの小さなものです。
しかし小さいからといってもトラップ管部分はとても狭く、つまりを起こしやすい部分なので注意が必要です。こまめに洗浄剤などを使ってこれらのゴミを溶かし、処理を行っていきましょう。
洗浄剤を使っても改善されない場合はそのつまりがとても頑固なものになってしまったという事です。こういったケースではトラップ管とゴミが一体化となっているので、自分で交換を行うよりも、信頼のできる業者に依頼をした方が安全確実と言えます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム