最新情報・レポート

トイレのつまりを直す方法

トイレのつまりを直す方法は自分で直せる場合と業者さんでないと直せない場合とあります。
トイレ用紙や汚物や異物などトイレに流したはずのものが実際はちゃんと流れることができないで滞積してしまったことが原因だったり、配管部分で問題が起きていたり・・・
トイレはいつも通りちゃんと機能をしているというのに、その先の場所である排水管部分のどこかで詰まりが起きてしまい、やがて逆流を起こしてしまい便器に溜まってしまうなんて事もあります。こんなトイレのつまりを直す方法は、慌てて何回も水を流してしまいがちですが、焦らずまずはトイレでは止水栓部分を閉めてあげて、水を止めていきます。
この場合トイレのつまりを直す方法としてはトイレ用紙つまりだったら、時間の経過とともにトイレ紙は溶けていくことがよくあります。時間をおいても良くならない時は、ラバー・カップなどを使用して吸い出していきます。
何回かやっていくと詰まりを起こしていたトイレ用紙や異物等が出てきて、問題が解決されることがあります。
自力でトイレのつまりを直す方法を試してみてもダメな場合は業者さんに依頼しましょう。自力だと便器などを破損させることもあり得ます。
トイレのつまりを直す方法で配管つまりのケースでは、まずどこが原因なのかを確認し、つまり解消の為に技術がいるということがわかれば、早急に業者の方に依頼をすることをお勧めします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム