最新情報・レポート

水道の蛇口の構造

水道の蛇口には水又はお湯だけを別々の蛇口から出す単水栓と水とお湯の両方を混合して出す混合栓と2種類あり、当然ですが混合栓のほうが水道の蛇口の構造は複雑になっています。
単水栓の場合はほとんどがハンドルを左右に回わすことで水の量を調整するハンドル式のタイプであり、混合栓の場合は水とお湯のそれぞれにハンドルがついておりそれぞれのハンドルで水量を調整して温度を調整するものもありますが、現在の製品の多くはひとつのレバーで温度や水量を同時に調整するタイプとなっています。ハンドルかレバーかによっても水道の蛇口の構造は異なります。また、バスルームなどで利用されている設定した一定の温度で吐水される機能をもったサーモスタット混合栓はさらに水道の蛇口の構造が複雑でメーカーや型式によっても異なります。
サーモスタット混合栓の水道の蛇口の構造は別として、それぞれの水道の蛇口の構造がイメージできていれば、水漏れが生じたときなどに原因がある程度特定できて、水漏れの原因としては最も多い消耗したパッキンの交換など自分で解消できることは自分で対応する事ができ、対応できないことは業者に依頼するといった判断をすることができます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム