最新情報・レポート

冬場の水道管理

冬場の水道管理として一番重要なのは、凍結を防止することです。水道管の中には常に水が満たされている状態になっています。もし、この状態で水道管が凍結した場合どうなるかというと、水は凍ると体積が膨張するので、水道管を破裂させることが考えられます。更に、破裂箇所の氷が溶けた場合は水が吹き出す結果になります。水道管に送水されている水にはある程度圧力が掛けられているので、水道管から吹き出す水の圧力はかなり高いものになるため、例えば布などで水漏れを抑えることはほぼ不可能に近い場合が殆どです。また、地中や床下の水道管の場合、発見が遅れることにも繋がります。

水道管の凍結を防止する方法としては、水道管の中の水を抜いてしまう事が行われています。特に冬場の寒さが厳しい東北地方などでは各家庭に標準的に水抜栓が取り付けられており、夜間寝る前などに宅内の水を全て抜いてしまうことで、水道管の凍結を防止します。また、水道管に保温管や電熱線を巻き付ける事で、水道管の温度が氷点下にならないようにすることで凍結防止させることも行われています。これらの機器は、正常に作動していないと意味がないものですので、冬の寒さが本格的になる前に使用できるかどうかを確認しておくことも重要です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム