最新情報・レポート

冬場の水道トラブル

水道トラブルの中でも、冬独特の物があるのをご存知でしょうか?本州でも西日本や九州・沖縄地方ではあまり馴染みの無いトラブルですが、北陸や東北、北海道ではこれを避けては通れません。冬独特の水道トラブルとはズバリ、水道管の凍結です。特に露出している配管にこの危険性が高く、夜間に氷点下まで気温が下がった時が最も危険です。夜間は水道を使わないので、水道管の中は温度が下がり続けます。すると水道管内に残っていた水が凍りついてしまい、水が流れなくなってしまいます。ただ凍るだけならまだしも、水は氷になると体積が大きくなる性質があるので、水道管が破裂してしまう危険性もあります。これを防ぐために寒冷地では夜間の水道管凍結を避けるために凍結防止用のバルブが設置されていたり、水道管を常時温めておくヒーターが設置されていますが普段はそういった心配のない地域で水道管が凍結した場合は、トラブルの対応法がわからない場合も多いと思います。そんな時は水道業者を呼べば適切な対応をとってもらうことが出来ますので、もしものときはご連絡されることをお勧めします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム