最新情報・レポート

料理の際は要注意

料理をしている時は、色々なゴミが出ます。野菜を刻んだ時の切れ端や皮、取り出したタネ。煮物やスープを作った時にはアクが出たり、スープの残りが出ることがあるかもしれません。そういったものを、生ごみとして処分するならともかく、排水口に全て流していると、後でとんでもないことになるかもしれません。特に、脂っこいもの、水に溶けないものは要注意です。
皆さんは、豚の角煮など、脂の沢山溶け込んだ煮汁が冷えた時、どんな風になっているか見たことはありませんか?表面に白っぽいものが浮いていると思いますが、これは肉などから溶け出した脂で、冷えて固まって閉まっています。こういった脂っこい煮汁などを排水口に流し続けていると、トラップなどで冷えて固まり、水が流れなくなってしまいます。更に、野菜くずなどがそれらに引っかかれば、連鎖的にゴミが詰まり、排水口から水を流すことができなくなります。
これらを除去するには、ワイヤーブラシなどで物理的に汚れや詰まりを除去する方法や、特殊な薬剤を流しこむことで汚れを溶かしてしまう必要がありますが、ワイヤーブラシを常備するのは金銭的にもスペース的にも勿体ありませんし、薬剤は取り扱いに注意が必要です。
もし、排水口の詰まりが見られたら早めに業者に依頼をされることをお勧めします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム