最新情報・レポート

蛇口のパッキン交換

どんなものでも経年劣化は避けられない問題です。家の設備についてもそうです。あまり使うことのない設備であれば劣化速度も遅くはなりますが、毎日使う設備、特に水回りのキッチン、トイレ、洗面、お風呂などは劣化の速度も著しいものです。設備の耐用年数はおよそ15年と言われていますが、毎日使うこれらの水回りの設備については、もっと早く不具合が出てくる可能性が高いと言えます。さて、今回は水道の蛇口に不具合があった場合の交換についてお話ししましょう。水道の蛇口で多い不具合はパッキンの劣化による「水漏れ」です。パッキンは消耗品であるので、修理の際にはこのパッキンを交換することになります。交換の前にはまず止水栓を止める作業から始まります。水道設備には常に圧力が掛かっているので、この作業を忘れて蛇口を外してしまうと水がどんどん溢れてしまいます。止水栓は、水道メーターがある付近、或いは蛇口付近にあり、これを締めることで圧力が止まるので、安心して作業をすることが出来ます。次に蛇口を工具で緩め外します。一言で蛇口と言ってもいくつもの部品が付いているので、一つの部品も欠かすことなく点検し元に戻すことが大事です。パッキンは蛇口部分だけでなく、給水ノズル部分にもあるので、どちらも交換します。最後に接合部に防水テープを巻き、再度蛇口を工具で取り付けて完了です。あとは止水栓を元に戻せば、またいつものように水漏れのない水道が使えるはずです。但しこれらの作業を自分で行うことは、素人では難易度が高いと言えます。一つ間違えばもっと大きな水漏れに繋がる可能性もあり、水漏れの修理は意外と難しいのです。ですからパッキンの交換も業者に任せましょう。パッキンの交換、水漏れの修理は、本サイト「水漏れ修理隊」にご連絡ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム