最新情報・レポート

全く使っていないのも故障の原因になります

物は使えば壊れます。特に頻繁に使う物は壊れやすく、水道設備だと、お風呂場やキッチンの蛇口などは故障しやすい部類に入ります。
一方、お庭の水栓や、使用していないお部屋などの蛇口や水道設備というのは、普段使わないので故障するはずがない、と考える方も多いと思います。賃貸住宅などで、長期間空室だったお部屋の水道設備もその1つです。

しかし、使わない水道設備というのも、実は気づかない間に故障してしまっている事があるのをご存知でしょうか?

水道水の中には、僅かながらカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が含まれています。水道管の内部には、常にこれらを含んだ水が流れているのですが、普段から使用している水道設備では、これらの成分が定着すること無く、洗い流されてしまいます。

一方、普段使用しない水道設備では、これらのミネラル分は徐々に固着していきます。

特に、蛇口のコマやスピンドルという部品に固着すると、蛇口のハンドルが動かず、水を出せないということにもなりかねません。また、配管同士をつなぐパッキンも、年々弾力を失って、割れてしまう場合があります。

使わない部屋や、使わない水栓でも、期間を決めて水を流したりすることでこれらのトラブルを防止、もしくは早期発見することができます。
もしも固着して動かなくなった蛇口や、水漏れをしている配管を見つけたら、無理に治そうとせず、お早めに水道修理業者にご相談されることをおすすめします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム