最新情報・レポート

トイレトラブルの原因を探ってみよう

水回りの設備は毎日使われる物が多いと思います。それだけ使用頻度が高いと、トラブルと遭遇してしまう可能性も高くなります。そんな時に、トラブルの原因を探ることが出来れば修理を依頼する時に話がスムーズに進みやすくなるかもしれません。また、自分が原因を知ることが出来れば気持ちの安定に繋がるかもしれませんので、ご紹介したいと思います。
まず、トラブルの原因を探るには仕組みを理解しておかなければなりません。なので、トイレに水が流れる基本的な仕組についてご説明します。一般的に使われている水洗トイレの多くが、ロータンクタイプというものです。ロータンクタイプのトイレは、レバーを回すとゴムフロートという栓が上がり、水が流れる仕組みになっています。また、水の表面に浮いている浮き玉が下がることで、タンクに水が補給されるという仕組みになっています。なので、トイレに水が流れないという時には、ゴムフロートの異常。タンクに水が補給されない場合は、浮き玉の異常が考えられます。このように、全ての原因がここあるとは限りませんが、症状によってある程度の故障場所を特定することが可能です。トイレのトラブルに遭遇した時には、一度調べてみてはいかがでしょうか?しかし、修理となると熟練スタッフの技術が必要になる事もありますので、そのような時には一度水道屋さんに相談してみましょう。水道屋さんをお探しの時には、是非「水漏れ修理隊」をご利用下さい。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム