最新情報・レポート

部品の劣化

水トラブルには様々な原因がありますが、多くは部品の劣化によるものです。
例えば蛇口をしっかりと締めても水がポタポタと落ちてきてしまうというケースは、蛇口のゴムパッキンの劣化が考えられます。こちらは自分で修理することも出来ますが、作業中水が溢れ出してくることもありますので、水漏れが心配な場合はタオルを敷くなど十分に注意しましょう。
蛇口のトラブルは部品の交換ぐらいで済みますが、中には深刻な部品の劣化が原因の場合もあります。
水道にまつわる物は多くが金属で出来ています。そのため長期間水が流れると、金属部分がサビたりすることもあります。
赤サビが含まれた水で料理を作ったり、直接水を飲んだりすることは心情的にも嫌だという人がほとんどでしょうし、味も損なわれます。また洗濯物が赤茶色になってしまったといったケースもありますので、赤サビが発生したらすぐに部品の交換を考えた方が良いのです。

給水管の寿命は10年前後と言われています。意外に寿命が短いなと感じる方も多いのではないでしょうか。
近年ではポリエチレンで作られたサビの心配の無い給水管を利用している人もいますが、
まだまだ普及は進んでいるとは言えません。定期的に水道の状態をチェックしましょう。

当サイトでは水トラブルや点検なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム