最新情報・レポート

排水管の封水切れ

「最近排水口の臭いが酷くなった」そんなことはありませんか?それほど使ってもいないのに、定期的に掃除をしているのに、そのような現象が起こるようでしたら、排水管の封水切れを疑ってみましょう。
封水とは「トラップ」と呼ばれる配管内に溜まっている水のことを言います。わかりやすいのが台所シンク台や洗面台の下ですね。下の収納棚の扉を開けて見てみましょう。すると排水口から真っ直ぐ下に伸びた排水管が、クルッとカーブして一度上向きに向かい、再度クルッと曲がってまた下に向かっている様子が見れると思います。このカーブにしている部分をトラップと言います。台所シンク台や洗面台にはS型と呼ばれるトラップが設置されていることがほとんどです。このトラップの中にはある程度の水が常時滞留しています。この水があることで、排水の行き先である下水管からの悪臭や、ネズミ、ゴキブリなどの害獣・害虫が侵入してくるのを防いでくれています。そのため「封水」と呼ばれているのですね。
この封水が上手く機能しないと、下水の臭いがそのまま排水口から溢れ出し、酷い臭いの要因となります。封水切れを起こす原因は、1つは「封水の蒸発」。長期間水を流さないことで封水が蒸発してしまう現象です。もう1つは「毛細管現象」。トラップの上部に髪の毛や紙などが引っ掛かることによって、徐々に水が吸いだされてしまう現象です。
臭いが気になり始めたら封水切れが発生している恐れがあります。水道修理のことでしたら本サイト「水漏れ修理隊」に是非ご依頼ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム