最新情報・レポート

冬の水道トラブルの防止方法とは

だんだんと寒さを増してきており、本格的な冬はもう目前。そんな季節がやって来るときに気をつけなければならないのが、外気と水の温度差が原因で起こる水道や水回りのトラブル。なかでもいちばん多く見られるのが、気温が0℃を下回ると発生してしまう、水道管の凍結。現代の住宅は断熱性にも優れてきていますので、東北地方などの豪雪地帯でもひと昔前に比べて少なくなってきたとはいえ、少しの油断でまだまだ起こり得る現状にあるようです。
それでは、水道管の凍結はどのような条件下で起こってしまうのでしょうか。水道管が凍結してしまうのは、外気の温度がマイナス4℃を下回ったときといわれています。それに比べて、雪が降るための条件は、上空の温度がマイナス6℃以下、かつ地上の気温が3度以下になったときとされているので、雪が降ったら必ずしも水道管が凍結してしまうということではないようです。しかし、雪が降らずとも積もっている状態が続き、溶けずにそのまま残っているということは気温が限りなく氷点下に近付いてしまうということなので、大がかりな水道修理が必要になる前に、水道管凍結を防ぐための対策を速やかに行なう必要があります。
そのためにできることは、まず「水抜きをすること」。室内もしくは家の外にある水道の栓を閉じた状態で蛇口を開き、水道管に残っている水を抜き切ることにより、水道管の中に凍結する水が無い状態にしておくのです。そしてもうひとつ簡単にできることとして「水を出しっぱなしにする」ということが挙げられます。流れている間は凍結しにくいという水の性質を利用した方法ですが、水道代が少々かかってしまうということ、トイレなどの水を流しっぱなしにできない場所の水道では防止策に使うことができないというデメリットも知っておくことが大切です。
このような防止策を講じていても、水道管が凍結してしまい破裂しそうになっている、または溶かすためにかける水すら出なくなってしまったという場合は、速やかに当サイトまでご相談いただければと思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム