最新情報・レポート

冬は水道管凍結にご注意

日を追うごとに気温が下がり、寒くなってきました。本格的な冬になると、水回りのトラブルとして水道管凍結が多くなります。水は温度が0度を下回ると凍りますが、水道管の凍結が起こるのは外の気温がマイナス4度以下になった時です。もしも雪が解けずに積もっていれば特に注意が必要です。雪が解けないということは、気温が氷点下に近いので水道管が凍結してしまう可能性は高くなります。そして、水道管が凍結してしまうと日常生活での支障が多く発生します。水が出ないことで、食事の準備や後片付けもできなくなりますし、トイレ、お風呂、洗面所、洗濯機も使用できなくなります。水道管凍結を防止するために「水道の栓を閉じて水抜きをする」「少量の水を流しっぱなしにする」という方法があります。しかし、栓を閉じる方法は、水道管の中に水がない状態にするため凍結はしませんが、水を使用する際は栓を開けなければならないというデメリットもあります。また、水を流しっぱなしにする方法も、水道代が掛かったり、流しっぱなしにはできないトイレの水道管の凍結は防げないデメリットがあります。対策を行う際はご自分に無理のない程度にしておいたほうがいいでしょう。そして水道管が凍結してしまったら、無理に蛇口をひねらない、直接熱湯を掛けないようにしましょう。水道管の破損、故障に繋がる可能性がありますので、業者に相談、対応してもらうことをおすすめします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム