最新情報・レポート

水がポタポタ!その原因は?

自宅の水回りについて考えた事はありますか?私の家の配管は一体何年もつのだろう。修理とか点検とかはしなくても大丈夫なのかな?そんな疑問は誰もが抱いた事があると思います。目に見える汚れなどは自身で落とす事が出来ると思うのですが、目に見えない部分はなかなか自分でチェック出来ませんよね。まず、家庭によって多少は異なると思いますが、配管は一般的に30年経っても問題は無いと言われています。しかしある程度時間が経った時、水道のパッキンや温水洗浄便座の部品交換が必要になってくるのです。パッキンとは蛇口の内部に設置されているゴムの輪っかの事です。実は、蛇口をしっかり閉めているのに水がポタポタ落ちて止まらないというトラブルはこのパッキンの緩みが原因なのです。この部分が緩んでしまうという事は、ペットボトルに蓋が出来ていない状況と同じ事です。このトラブルはいずれどの家庭にも訪れてしまうといっても過言ではありません。では、パッキンの修理なのですが自身の手で行う事も可能です。しかし蛇口を分解し修理するという事は決して簡単な事ではありません。ましてや初めての方は失敗してしまって余分に修理代がかかってしまうといった事態もあり得る訳です。また種類としても単水栓、混合栓と2種類あったりと難しい事になるので、こういったトラブルには業者さんに頼ることを推奨します。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム