最新情報・レポート

冬は水道管のトラブルが増加します

冬の水トラブルの1つに水道管の凍結があります。温度が0℃を下回ると水が凍るのは常識ですが、水道も例外ではありません。寒さが厳しくなれば水道管も凍りついてしまうのです。最近は断熱性に富んだ構造の住宅が増えてきていますが、そういった住宅でも油断は禁物です。水道管の凍結が起こる条件は、外気温がマイナス4℃になった時です。雪が降るのは上空の温度がマイナス6℃以下・地上の気温が3℃以下の時なので、雪が降っていれば必ず水道管の凍結が起こるというわけではありません。しかし、雪が積もった状態が続く場合は要注意です。雪が残るということは気温が氷点下に近いということなので、油断していると凍結してしまうことになり兼ねません。屋外に設置してあり、むき出しになっている水道管や、陽が当たらず風当りの強い場所にある水道管は特に凍りやすいので注意が必要です。また、凍結により水道管が破裂してしまう可能性もあります。破裂してしまうと修復に時間もかかりますので、当然生活面で大きな影響を与えます。こういったことにならないよう、まずは凍結を防ぐことが最優先です。水道管の凍結を防ぐには、屋内または屋外にある水道の栓を閉じた状態で屋内外の水道の蛇口を開き、水道管に残っている水を抜く必要があります。少し面倒ではありますが、こうした対策により、水道管の凍結は少しでも防ぐことができます。まだまだ寒波により雪の影響もある季節なので、あなたのお宅も水道管をしっかり管理してみてはどうでしょうか?

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム