最新情報・レポート

目に見えづらいお風呂の排水管だからこそ

お風呂場の水が流れ辛くなっていませんでしょうか。最近のお風呂場の排水溝は足を引っかけたり滑らせたりしないように、排水溝に蓋をしている住宅が多いと思います。特にリフォームしたての住宅や引越ししたばかりの住宅において、このお風呂場の排水溝が隠れているために、お風呂場の隠れた排水管の異変を察するのが遅れて、結果として水のトラブルとして水道業者に依頼をするケースが増えています。水漏れなどの水のトラブルについてはキッチンやトイレなどがまず先に挙げられますが、お風呂場は隠れたトラブル源になりますので、定期的にメンテナンスをする必要があります。お風呂場をバリアフリーにリフォームした際に浴槽や浴室は快適に、そして綺麗になりますよね。しかしこのお風呂場の下にある見えない部分や部品がリフォームされていないことがあります。お風呂場の水漏れの原因においては髪の毛などの詰まりなどが挙げられますが、その根本である水道管や排水管などの老朽化によって水漏れが起きてしまった場合、ご家庭では直すことが非常に難しくなります。排水管は年月が経つとパイプ内部が油汚れなどで塞がり、水が流れにくくなります。さらにご家庭によっては熱々のシャワーで使用後にお風呂場を流すご家庭があると思いますが、排水管の耐熱温度は約50度から60度になりますので注意が必要になります。最も排水管のトラブルが多いキッチンにおいても、排水管破損の原因の一つとして熱湯をそのまま流しに捨てることが挙げられます。リフォームの際には水道管などの目に見えない部分の交換もきちんと確認することが重要だといえるでしょう。排水管の劣化の目に見える兆候として、髪の毛を取り除いたのにもかかわらず、水の流れが変わらず低下していることなどが挙げられるでしょう。この兆候を見かけた際は水道修理業者に相談してみてはいかがでしょうか。当サイト「水漏れ修理隊」では水回りのトラブルに対する修理や交換を行う業者へお客様をナビゲートしていますので、困った際にはぜひご活用ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム