最新情報・レポート

奥の汚れはお掃除できません

きれい好きのお宅は、特に水廻りがいつもきれいに磨かれています。こまめに掃除して、洗面所の鏡や洗面台、台所のシンクがピカピカだと、確かに気持ちよく暮らせます。目に見える部分については、ご自分でお掃除する事ができますが、では目に見えない排水管の奥は、どうなっているのでしょう。台所のシンクは、排水口に網目の細かいネットを取り付けて、生ごみの汚れなどをキャッチする事ができますが、液体はとどめる事ができません。しかし、台所の排水口は気を点けてはいても食事後のお皿についた油が少しずつ流れて行ってしまいます。これが台所の排水詰まりのほとんどの原因となっています。さすがに揚げ物に利用したてんぷら油をそのままシンクに流す方はほとんどいらっしゃらないでしょうが、ラーメンの残り汁くらいでしたら、そのまま流してしまう方も多いのではないでしょうか。こういった油分が少しずつ排水管の内部にこびりつき、さらに積み重なってついに排水管を塞いでしまうのです。いつもきれいに使っているのに、とショックを受けてしまうほど、排水管の中は汚れているのです。この場合には排水管の奥まで届く針金などを利用した洗浄器具で、詰まりを取り除いて開通させる作業を行います。普段油を流さないようにすることがまず大切ですが、もし詰まってしまったら、一般家庭では排水管の奥の詰まりは解消できませんので、水道工事業者に速やかに依頼しましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム