最新情報・レポート

水回りの悪臭を防ぐ

「どれだけお部屋を掃除しても、どこからか悪臭が漂ってくる……」それは、ひょっとしたら水のトラブルかもしれません。お水と悪臭とに因果関係が無いように思われるかもしれませんが、実はそうでもないのです。排水パイプの奥には、常に「トラップ」という水が溜まっている部位があります。トラップには悪臭や害虫が上がって来るのを防ぐ効果があり、これが枯渇してしまうと、下水からの悪臭が逆流してくるのです。本格的な夏を迎えますと、さらに温度が上昇していきます。そうなりますと、トラップの水が枯れてしまう確率が高くなってしまいます。
それでは、どのような対策を行えばよいのでしょうか。まずは、トラップの水の補充が挙げられます。キッチンなど使用頻度の高い場所ならともかく、使用頻度の低い水道では知らず知らずのうちに水が枯れている恐れがあります。時々で良いので、水を流すようにしましょう。また、排水管に汚れが溜まっていることも悪臭の原因になります。軽度の汚れなら市販の薬剤で解決することもできますが、それ以上になると根本的な解決は難しくなります。そのような時は、水のトラブルを解決してくれる業者に依頼するのが一番でしょう。頑固な汚れもスッキリ解決してくれます。
臭いというものは目に見えず、その発生源を突き止めるのは難しいです。排水口が原因と判明しても、その解決は簡単にはいかないこともままあります。強引な対策は却って事態の悪化を招くこともありますので、水道トラブルにお困りの際は当サイトをご利用ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム