最新情報・レポート

トイレの正しい節水の仕方

トイレトラブルの原因にトイレの節水によって起こったという場合があります。これは間違った節水の方法ですのでやらないようにしましょう。今回はこの点についてご説明したいと思います。まずトイレの節水といって思い浮かぶのが、排水量を減らすためにトイレタンクの中にペットボトルなどを入れるという方法です。レンガという場合もあるようですが、とにかく異物を入れて水の量を減らすという方法になります。しかし、これをやってしまうと排泄物がしっかりと流れない場合があるのです。排泄物はトイレからなくなれば良いというのではなく、しっかりと排水管を通さないといけません。基本的に最近のトイレの場合はメーカーがテストによって適切な排水量を定めていますので、これを減らしてしまうと排水管の途中で排泄物が溜まってしまう危険性があるのです。そうなるとトイレトラブルを起こしますので止めましょう。もし正しい節水をしたい場合には、そんなに難しいことをする必要はありません。ただトイレレバーの大と小を使い分ければ良いのです。このレバーでちゃんと排水の量をコントロールしていますので、それ以上に何かをする必要はありません。下手にトイレタンクの水の量を減らしてしまうとトイレ詰まりなどのトラブルを起こしますので控えるようにしましょう。他には節水タイプのトイレに交換することで10リットル近くトイレタンクの水量が節約できますので、これらの方が下手な節水よりも安全で効果的なのです。ぜひ無理な節水をするのではなく、適切な節水をするようにしましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム