最新情報・レポート

漏水が発覚した後の水道代について

漏水が続いていたということは、それだけ無駄な水道代を使ってしまったということです。水道水漏れを水道修理で直した後に、無駄になった分の水道代を取り返すことができるのでしょうか。結論から言いますと、全額は無理ですが適用基準を満たしている場合は水道料金を減額することが可能です。基本的には水道料金の支払い義務がありますが、一部の状況の場合に限って減額が適用されます。その適用基準は、まず水道水漏れが発覚した後に速やかに修理をし、その後に申請があった場合に適用されます。水道水漏れは水道メーターから蛇口までの間で起こっているもので、給水管や設備の損傷、故障が原因である場合に限られます。人的な過失の場合には適用されません。また水道水漏れの修理を怠っていた場合、工事によって水道水漏れが起こってしまった場合、漏水をしていても水量に変化がなかった場合などは減額の適用外となっております。他には蛇口の閉め忘れといったミスが原因での水道水漏れ、老朽した水道管を使っていると水道局から指摘があっても水道管を新しいものに変えなかった場合の水道水漏れも減額の対象外です。トイレや台所など、目で見てすぐに分かるような部分も同じく対象外となります。水道水漏れがあった場合にはすぐに水道修理をしましょう。そして、その後には速やかに申請を出すようにしましょう。そうすることで無駄な出費を減らすことができます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム