最新情報・レポート

蛇口の水漏れだけでもこんなにあります

水は私たちにとって必要不可欠なものです。そのため、各ご家庭にも多くの水道設備が設置されている事でしょう。その中でも、最も使用頻度が高いのは水道の蛇口ではないでしょうか。蛇口はハンドルを回すだけで簡単に使用できますが、その内部はいくつかのパーツで構成されています。それらが劣化しますと、蛇口からは水漏れが発生してしまいます。特に、以下のような不具合が発生する事になります。

・蛇口の先から水が流れ続ける
どれだけハンドルを固く締めても、水が止まらないという状態です。このような場合、水の流れを止める「コマパッキン」が劣化している事が考えられます。修理するためには止水栓を締め、蛇口を分解して内部のコマパッキンを交換しなければなりません。そのためには新品のコマパッキンや、分解に使用する工具が必要になります。

・ハンドルの根元から水漏れする
このような場合、ハンドルと水の蛇口の間にある三角パッキンが劣化している事が多いです。これも同様に、蛇口を分解してパッキンを交換することになります。

・パイプの根元からの水漏れ
この場合、接続部のパイプナットの緩みや、パイプパッキンの劣化が考えられます。ナットの緩みは締め直すだけで改善されることが多いですが、パッキンは交換する必要があります。

このように、蛇口一つとっても複数の水漏れ原因があります。もちろん、お家全体となりますとさらに多くの水漏れの原因が考えられます。それらの修理作業は素人の方でもできる簡単なものもあれば、専門的な知識や技術が必要になることもあります。無理な修理はかえって事態を悪化させる事もありますので、その修理は最初から水漏れの修理業者に依頼するべきでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム