最新情報・レポート

熱湯は危険です

水漏れの原因の1つに、「熱湯」があります。具体的には熱湯による影響が水漏れにつながるということですが、熱湯の影響で水漏れを起こす例を2つ挙げたいと思います。まずは流し台です。流し台に熱湯を流すと、排水口に使用している「塩ビ管」が熱で変形することがあります。そしてそれが原因で破損し水漏れを起こしてしまいます。塩ビ管の耐熱温度は60~70℃なので、パスタや野菜などをゆでた後のお湯をそのまま捨ててしまうと、確実に耐熱温度を超えてしまうのです。ただ実際には、排水口をお湯が通る時間は数秒なので、変形するほど熱くなる事はあまりありません。しかし低いとはいえ可能性はあるので、やらないに越したことはないのです。次にトイレ掃除をする際、便器の頑固な汚れを落とすためには、お湯のほうが効果的というのは有名ですが、お湯の温度が高すぎると、かえって危険を呼び込みます。掃除に使うお湯の温度が高すぎると、便器が割れてしまうことがあるからです。基本的に便器は陶器でできているため、熱を加えるとその部分は膨張し、ひび割れを起こします。これは便器に限らず、陶器でできた洗面台などにも言えることです。特に冬など、気温が低い時期は注意が必要です。冷たい便器に熱湯をかけると、急激な温度変化が起こり、やはり割れてしまう危険性があります。便器が割れてしまったら、割れた場所によっては汚水が漏れ出すこともあり、普通の水漏れと比べてもかなり厄介です。お湯を使ってトイレ掃除をする場合はぬるま湯を使うのが効果的といえます。このようにお湯の使い方に気をつけるだけでも水のトラブルを防ぐことにつながるのです。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム