最新情報・レポート

長年の使用は危険

キッチンやお風呂、トイレなど、水まわりで起こる水のトラブルの代表格とも言える水漏れですが、原因の多くは経年劣化によるものです。もちろん水漏れのすべてが経年劣化によるものではありません。しかし、毎日のように使う場所であるためその変化に気づきづらく、気付いたときには水漏れを起こしていたなんてこともあるのです。お風呂場を例にしてみると、蛇口や混合栓から水漏れするケースはやはり経年劣化がほとんどです。蛇口に使われているパッキンは10年程度が寿命と言われています。なので、10年以上使用していて水漏れが起こったというときは、経年劣化の可能性が高いのです。パッキンの劣化が原因の場合、ハンドルの下やシャワーホースの付け根、水栓本体の付け根などから水漏れを起こします。事前に目視で劣化の確認をすることは難しいですが、10年以上使用しているのであれば、水漏れを起こす前に交換することをオススメします。浴槽の排水口からの水漏れは注意が必要です。例えば、前日のお湯を翌日にも使う場合は、水面の高さをしっかり確認しておきましょう。水漏れが起こっている場合、明らかに水量が減っていることがあります。そのことに気づかないまま、追い焚きをすると、空焚きする危険性もあるのです。排水溝からの水漏れの原因は、主に風呂釜と浴槽の接続部分にあります。この接続部分にもパッキンが使われているため、異常が起こったときや、異常がなくても長年使用している場合は業者に依頼して交換してもらいましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム