最新情報・レポート

水道管の凍結にご注意ください

徐々に、本格的な冬の気配が感じられるようになりました。さらに寒さが厳しくなりますと、いよいよ水が凍り始めます。これからの時期に備えて、水道管の破裂を防ぐ方法を覚えておくと安心でしょう。もしも水道管の内部が凍ってしまいますと、水を使うことができなくなってしまいますし、水道修理が必要になってしまいます。凍結防止の方法は各ご家庭でも簡単に行う事ができますので、その方法をご紹介いたします。
まず、水抜栓を利用した方法です。水抜栓とは、その名の通り水を抜く事で、凍結を防止する設備です。ご家庭によって設置場所は異なりますので、早めに場所を確認しておくと良いでしょう。その使い方ですが、水抜栓のハンドルを右に回して締めます。そして蛇口を開き、中に残っている水を流します。これを、なるべく全ての蛇口で行います。再び水を使う際は、水抜栓を左に回すだけです。中には電動式の水抜栓もあります。
他には、断熱材を利用した凍結防止方法があります。水道管がむき出しになっている箇所がありましたら、発泡スチロールなどで包み、テープで固定してください。また、メーターボックス内には発泡スチロールや布などを隙間に詰めこみます。
このような対策を行っていれば、凍結による水道管の破裂を減らす事ができるでしょう。しかし、それでも破裂してしまう事もあります。もしもマンションにお住まいでしたら、まずはそのオーナーや管理会社、管理組合にご相談ください。戸建住宅にお住まいの方は、水のプロに水道修理をご依頼ください。そのままでは水道水漏れも発生してしまいますので、なるべく早く解決するようにしてください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム