最新情報・レポート

節水がトイレの水トラブルの原因になることもあります

水道代を気にして、トイレで節水をする方がいらっしゃいますが、間違った方法を使ってしまって水のトラブルを起こしてしまうことがあります。そうならないためにもどういった節水が水のトラブルを起こして、どういった節水がそうでないのかをご紹介いたします。
まず間違った節水として第一に挙げられるのが、トイレタンクの水の量を減らす方法です。タンクの中にレンガやペットボトルなどを入れて、かさ増しをすることで確かにタンク内の水の量は少なくなります。しかし、このせいで水のトラブルを起こしてしまいます。トイレのタンクの水は、便器の中の汚れを流すだけではなく、排水管を通していく役目があります。もしも水の量が少なくなれば、排水管の途中で排泄物が止まってしまい、そこに溜まってしまうかもしれません。排水管が汚物だらけになる危険性があるのです。
同じように水の流れを少なくする弁が節約として使われています。こちらも同じように汚物を排水管の中に溜める原因になってしまうのです。こういった節水はしないようにしましょう。
では水のトラブルを起こさない節水とは何でしょうか。一番簡単なものは、トイレレバーの大小をしっかり使い分けることです。今のトイレはちゃんと水の流れる量が計算されていますので、大と小で最適な水量が流れるようになっています。大の時は大、小の時は小と使い分けましょう。ついつい全部大で流していないでしょうか。
下手に節水をしようとして、節約分以上の修理費用がかかる水のトラブルは起こさないようにしましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム