最新情報・レポート

見えない水漏れほど危険です

水漏れは、目で見える所で起きたほうが対処が簡単になります。今では水漏れ修理をするための道具を買い揃えることもできますので、簡単なトラブルであれば自分でも解決することができるでしょう。
しかし、本当に厄介な水漏れは目に見えない部分で起きるのです。壁の中や地面に埋まっている配管から水漏れしてしまった場合、家の中に水が浸透し建物を木造部分を腐らせてしまうともあります。
また、水漏れにより大量の水が消費されると、その分水道費が高くなります。水漏れはそのままにしておいて、メリットは生まれませんので水漏れにいてはサッと直してしまうのがおすすめです。

特に目に見えない水漏れは発見が遅れがちなので、配管が通っている場所がいつも濡れている。水道料金が急に上がっているという時には、一度水漏れ調査を依頼したほうがいいでしょう。症状が軽いうちに水漏れ修理しておけば、修繕費用も安く済みます。逆に症状が悪化していると、水漏れ修理だけではなく、部屋の修繕まで必要になることがありますので、ご注意ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム