最新情報・レポート

賃貸物件で水漏れが起きた時の対処法

持ち家でも賃貸物件でも使われている設備は同じなので、水漏れなどのトラブルが起きることがあります。そんな時の対処について正しい知識を持っておきましょう。

水漏れの原因が経年劣化や老朽化によるものだった場合、管理側が費用を負担する形が基本となっています。しかし、入居者に水漏れの原因があった場合は、自己負担にて修理をすることになります。

自己負担で修繕しなければならない場合、費用が掛かるからと修理を後回しにしていると、下の階にまで水漏れが浸透してしまうこともあります。それが原因で何かしらの被害があったときには、弁償をしなければいけないケースもあります。
こういった余計なトラブルを避けるためには、水漏れを発見した時にはできるだけ早く修理することが大切です。

水漏れは、深夜などに起きることもありますので、管理会社と連絡が取れない時間帯に起きたトラブルについてどう対処すればいいのか?ということについても確認しておくと良いでしょう。もし、緊急対応が必要な場合は24時間ご相談可能な当サイトをご利用ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム