最新情報・レポート

水濡れ補償の範囲

水漏れは、住まいのトラブルにおいて非常に厄介なものです。水漏れの原因となった水道設備の修理はもちろん、漏れ出した水によって家具などが水浸しになり、使えなくなったりカビが生えたりと言った被害に見舞われることもあります。そこで頼りになるのが、火災保険です。火災保険の内容に「水濡れ補償」がついていれば、水漏れによる損害を補償してもらえる事があるのです。

ただし、全ての水漏れによる被害が補償されるわけではないためご注意ください。
まず、補償される対象についてです。補償されるのは、あくまで水漏れによって損害を受けた家財や建物になります。そのため、故障した物自体は補償の対象になりません。例えば水道管の破裂によって家具が水浸しになった場合、家具の方は補償の対象になりますが、水道管の修理費用までは補償されません。
また、マンションの隣室からの水漏れといった例外を除いて、補償対象になるのは「給排水設備の事故」に限定されます。例えば、水を出しっぱなしにしたことで水漏れが発生していた場合などは補償されないため要注意です。

万が一の水漏れ被害も、火災保険の水濡れ補償の対象になっていれば、負担を最小限に留める事ができます。しかし、あくまで故障した水道設備はそのままです。その修理につきましては、必ず水のプロにおまかせください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム