最新情報・レポート

ウォシュレットからの水漏れに要注意

ウォシュレットはすっかり普及しており、これがないと落ち着かないという方も多いのではないでしょうか。水を当てて綺麗に汚れを流してくれるウォシュレットですが、ここからも水漏れが発生することがあるので注意が必要です。一般的に、ウォシュレットの寿命は長くても10年ほどと言われています。既にそれだけの年数ウォシュレットを使用している方は、そろそろウォシュレットの修理や交換をご検討されたほうがよろしいでしょう。

ウォシュレットの水漏れについては、内容によっては自分自身で修理が可能な場合もあります。
まず注意点として、ウォシュレットの修理の際には電源コードやアース線を取り外しておきましょう。ウォシュレットは一種の電化製品ですので、接続したまま作業を行えば感電、もしくは火災などを引き起こす危険があるためです。
準備を整えましたら、いよいよ修理に移っていきます。ウォシュレットの水漏れはノズルからのものが多いです。そしてその原因としては、ノズル内部のパッキンの劣化、もしくはバルブユニットの故障が考えられます。バルブユニットの交換は素人には難しいですが、パッキンの交換は説明書に従って作業することで交換可能な場合もあります。ノズルが分解できるタイプのものなら楽に行なえますが、ウォシュレット本体を分解するタイプは難易度が高いため無理をしないでください。
ノズル以外ではウォシュレット内部や操作パネルから水漏れが発生することがあるようですが、この水漏れに関しては水漏れ修理のプロに任せるようにしてください。

前述のようにウォシュレットは電化製品ですので、他の水漏れとは修理の方法が大きく異なる事があります。無理な施工はウォシュレットを故障させるだけでなく、自分自身を危険にさらすことになってしまいますので、少しでも無理だと感じましたら水漏れ修理のプロにおまかせください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム