最新情報・レポート

蛇口の強い締め付けに注意

蛇口はハンドルを開ければ水が出て、締める水が止まるように出来ています。
但し、長い間使用した蛇口は、ハンドルを締めても蛇口からの水が止まらなくなる場合があります。これは、蛇口の中で水を留めているケレップというパーツに取り付けられたパッキンが、水をせき止めてくれるからです。
このパッキンには寿命がありますので、交換をする必要があるのですが、それを知らずに、ハンドルをきつく締めてしまう人が居るようです。
はじめはそれで止まってくれるのですが、これは蛇口本体の寿命を縮めかねない行為です。
パッキンが痩せたり切れたりしているところに力を加えれば、ケレップの金属部分が、蛇口の本体にあたってしまうので、徐々に本体側を傷つけていきます。
本体が傷ついたら、いくらハンドルを締めても水が出てくることになってしまうので、蛇口ごと交換するしかなくなってしまうようですから、水がポタポタと出てくるうちに、ケレップの交換をしておくのがおすすめです。
ケレップの交換は、蛇口の分解を伴いますので、自分で出来ない場合は、水漏れ修理のプロに任せてしまう方が良いでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム