最新情報・レポート

強く締めても水は止まらない場合があります

蛇口から水がポタポタと落ちているのを見ると、蛇口を閉め忘れたかと思ってハンドルを思い切り閉める事があると思います。
実はこれがさらなる水漏れの原因になっていることもあるのですが、なぜだかご存知でしょうか?
実は蛇口の中には、パッキンがセットされたコマのような形状の「ケレップ」というパーツが入っていて、ハンドルを回す度に、それが水の通り道を塞いだり、開いたりしています。
しかし、長年の仕様によりケレップのパッキンが劣化すると、閉めたつもりの蛇口から水がポタポタと漏れるようになります。
この時点でケレップの交換などを行っておけば、蛇口からの水漏れは収まります。
しかし、冒頭のように強く閉めれば止まるという状態を続けている場合、更に問題が複雑化する場合があります。
ケレップのパッキンがすり減っていると、ケレップ自体が蛇口本体と接触するようになりますので、金属同士がものすごい力で擦り合わされることになります。
その結果、ケレップを受け止めていた部分が歪み、ついには蛇口を締めたのに全く水が止まらなくなることもあるようです。
これを防ぐためにも、水がポタポタ漏れている時には、早めに蛇口の水道水漏れ修理をご依頼されることをおすすめします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム