最新情報・レポート

トイレに流してはいけないもの

トイレは本来、用を足して流すための場所ですから、大小便以外のものは本来流しては行けないものです。トイレットペーパーのように、水にすぐ溶けるものは例外的に流していますが、それ以外のものは、きちんと別個に処理する必要があります。
例えば、トイレのお掃除でよく使われる厚手のクリーニングペーパーの中には、水に溶けると書いてあるものもありますが、大量に流せば詰まりの原因になることが考えられます。
また、臭いなどが気になる子供の紙おむつ、女性の生理用品などは、内部に水分を吸うと膨張する吸水性のポリマーが含まれている事があり、トイレに流すと配管内で膨らみ、トイレを詰まらせてしまいます。
また、ペット用のトイレ砂も、水洗トイレに流せるタイプだとしても、同様に危険な場合があります。出来るだけ燃えるゴミとして処分しておくと、トイレの詰まりの防止になるようです。
しかし、用途を守って正しくトイレを使っていても、詰まりが発生することもあります。その場合、ラバーカップなどを使って詰まりの解消を行なうことになりますが、詰まりの程度次第では、それでも解決出来ないことがあります。
もしものときはトイレ詰まりについて当サイトまで、いつでもご相談ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム