最新情報・レポート

蛇口のしまりが悪くなったら

しっかりと閉めたのに、蛇口からぽたぽた水が垂れてきて全然止まらない。長く使っているとそんな水のトラブルにあうことがあると思います。
少量だからとあまり気にしていない方もいるかもしれませんが1日中毎日ぽたぽたと水が出続けているので、流れてしまった水は結構な量になっています。また、換気のしにくい場所で水が出続けると、ジメジメとしてカビなども発生しやすくなるでしょう。
蛇口のしまりが悪い原因は、ハンドル式の蛇口の場合、バルブのパッキンが劣化してしまっているかゴミなどが噛んでいて閉まりきっていない状態が多いようです。バルブを掃除すればよくなることが多いようですが、直らない場合は部品を交換する必要があります。
シングルレバー式の蛇口でも、内部のバルブに問題が起きている場合が多いようで、部品の交換が必要になることもあります。こちらはハンドル式の蛇口よりも構造が複雑で、分解が難しい場合もあります。シングルレバー式のものの場合はバルブを交換しないと改善されないことが多いようです。
どちらも自身で直すことはできますが工具も必要ですし、間違った作業をしてしまったり、そもそもの原因が違う場合は改善されないままになってしまいます。
こういった水のトラブルは、水漏れ修理のプロに依頼することをお勧めします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム