最新情報・レポート

トイレ詰まりの前兆

トイレ詰まりが起こる前には、いくつかの前兆があります。下記のような症状が出ていた場合、早めに対処することで深刻なトラブルを回避できるかもしれません。

1.便器の水位が高い
トイレの排水路、あるいは下水管に何かが詰まった可能性があります。そのまま放置しておくと、トイレから水があふれることも。水位が下がるのを待って、ラバーカップ等を使用してみましょう。

2.水が少ない、流れが悪い
トイレ内で詰まりが起こる直接的な原因ではありませんが、汚物を流すための水流が足りないために排水路やトイレ内部で詰まりをおこす可能性があります。フロート弁が機能していない、タンクの部品の破損やひっかかり等が原因のようです。

3.水を流した時に変な音がする
水を流した時に「ゴボゴボ」と異音がなるようになったら注意が必要です。排水路に問題がある場合や、異物のつまりがすでにトイレ内部で発生している可能性があります。

3の症状が出ている場合、トイレ修理のプロに委託しなければ解決しないケースが多いそうです。無理に直そうとすると事態が悪化する可能性がございますので、一度当サイトにご相談ください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム