最新情報・レポート

蛇口の水の色がおかしいときは

ふと蛇口をひねったら真っ赤な水が出てきたなど、水道水の異常を感じることは少なくありません。ここでは水の色について見ていきましょう。
・赤い水
長い間使っていなかった蛇口から水を出すと発生しやすいと言われています。原因は配水管のサビが水へ溶け出すことが考えられるとのことです。また水道管の工事や断水、火災により消火栓から大量の水が使われたときなども起こる可能性があります。
・黒い水
水道水の中に含まれているマンガンイオンは残留塩素で酸化され配水管内に付着するのですが、水の流れが変わったときに流れ出すと黒い水となって出てくることがあります。
・白い水
白い水には2つのパターンがあり、汲んだ水が徐々に透明になる場合は空気などの細かい泡が混じっている状態です。一方、汲んだ水を沸騰させると油の膜が出てくる、さらに白濁が強まる場合には、配水管に含まれている亜鉛が腐食で溶け出していることが考えられるとのことです。
これらの現象はしばらく水を流すことで改善されることも多いようですが、症状が改善しない、また不安な場合は水のトラブルのプロに相談することをおすすめします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム