最新情報・レポート

水道水のにおいが気になるとき

水道水を飲むとき、いつもとは違う臭いを感じる場合がある場合があるかもしれません。ここでは臭い別に、その原因について見ていきたいと思います。
・カルキ臭
水道水は一定以上の塩素が検出されるように義務付けられており、問題はありません。しかしその日の体調や気候などによっても感じ方は変わると言われています。とくに臭いに対する感度については、一般に朝起きたときが一番強いとされています。その場合水を冷やすことや、煮沸で塩素を取り除くといった方法があります。
・油っぽい臭い
排水口からの臭いと混じって感じられる場合があり、まずは排水口から離れて臭いを確かめてみるのがいいでしょう。それでも臭いが感じられる場合、水道管工事の際に使う油が残っていることが考えられます。その場合しばらく水を流しておけば臭いは消えていきます。もし消えない場合は別の原因を疑う必要があります。
・カビの臭い
主に植物プランクトンが繁殖することにより、水に臭いがつくと言われています。また増水時のにごりなども1つの原因です。活性炭による除去が行われているものの、気になる可能性はあります。
水道水の臭いに異常がある場合は水のトラブルの前兆かもしれません。心配であれば一度水道修理のプロに相談することをおすすめします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム