最新情報・レポート

配管からの水漏れを修理する前に確認・するべきこと

配管からの水漏れを修理する前に確認・するべきこと

 

ご自宅で起こる水漏れは、詰まりや腐食、部品の経年劣化、継ぎ目が緩むといったことが原因で起こることがほとんどです。水漏れによって大切な家屋が痛んだり、水道代が高くなったりするなど金銭面での被害を受けることもあります。今回は水漏れトラブルの中でも、意外にも多い配管からの水漏れについてです。配管からの水漏れを発見したときに、応急処置を行うことで水漏れ被害の拡大や水トラブルを防ぐことができるかもしれません。

 

 

配管には2つの種類がある

まずは、配管の種類を知りましょう。一口に「配管が壊れた」と言っても、その配管の種類が分からなければ手の施しようがありません。配管には排水管と給水管の2つの種類があります。

 

排水管

排水管は、建物に溜まった水や使用した水を外部へ排出するための管のことです。主に浴室やトイレ、台所などで利用した水を流す役割を持ちます。配管の中は圧力がかかっていないため、上から下へ水が流れるように傾けて設置されているのが特徴です。異物が引っかかったり汚れが溜まったりすると「詰まり」が発生します。

 

給水管

給水管は、家庭において水道を使用する蛇口に接続されている配管のことです。最近では環境に優しく耐久性に優れた樹脂製が主に用いられ、水を勢いよく出すため常に高圧状態になっているのが特徴です。詰まることはほとんどありませんが、破裂や破損などで大量に水が漏れることがあります。

 

配管からの水漏れ原因とは

 

配管からの水漏れ原因とは

 

では、配管からの水漏れは何が要因なのでしょうか。主に、老朽化による腐食、つまり(汚れ)、継ぎ目の緩みが配管に水漏れを起こす原因だと言われています。生活排水(食用油)、気温の急激な変化、地震などによる振動などがパイプの老朽化や破損につながることもあるとされます。

 

排水管では髪の毛などによるつまりで水がスムーズに流れなくなり、継ぎ目からの水漏れや逆流を起こすケースもあるそうです。また、台所では食材のカスや脂分が溜まることで損傷する危険性があるとされ、有機物が腐敗して膜状に付着すると詰まりの原因になると考えられています。給水管では経年劣化による水漏れがほとんどで、少量でも放置してしまうと床が傷んだりカビが発生したりすることもあります。

 

水漏れが起こっていないかチェックしましょう

水漏れは、目に付く場所や家の中だけで起こっているとは限りません。次のような症状が起きていないか、チェックしてみましょう。

 

給水管の場合

・急に水道料金が上がった。
・配管の接続部分から水が垂れる。
・床が水浸しになっている。シミができている。
・洗面台やシンクの下から、水が流れてくる。

 

排水管の場合

・洗濯機の排水溝から、いやな臭いがする。
・配管の接続部分から水が垂れる。
・床が水浸しになっている。シミができている。
・洗面台やシンクの下から、水が流れてくる。

 

以上のどれか1つでも当てはまった場合、点検が必要です。修理を行うか、配管修理業者を呼ぶようにしましょう。

 

自分でできる応急処置とは

 

自分でできる応急処置とは

 

水漏れがすでに起きていそうだった場合、業者を呼ぶまでの間にできる応急処置をご紹介します。

 

給水管の場合

水漏れ確認と対処法

①家中の蛇口を閉め、水道メーターを確認します。(水道メーターは道路と建物の間にあります。)
②蛇口をすべて閉めた状態でパイロットが回転していたら、配管のどこかで水漏れが起きています。
③水漏れが起きていたら、止水栓(水道の元栓)を閉めます。
④目で見える場所、手が届く範囲であれば、排水管の周りをタオルできつく巻き、バケツなどで漏れている水を受け止めます。

 

水漏れを放置しておくと水道料金が跳ね上がったり建物が傷んだりするだけでなく、集合住宅の場合は最悪、階下へ被害が及ぶことも考えられます。応急処置を施したら、すぐに業者に連絡しましょう。

 

排水管の場合

水漏れ確認と対処法

排水管の水漏れは起きやすい箇所にめどを立てることができます。

 

・トイレの場合

便器からの水漏れ、トイレタンクからの水漏れ、ウォシュレットからの水漏れ、または便器の水が止まらないといった時は止水栓(水道の元栓)を閉めた上で、すぐに業者に連絡をしましょう。大抵は劣化した部品の交換で直ることがほとんどですが、放っておくと水道代がかさむ、階下に水が浸みてしまうなどの恐れがあります。

 

・台所の場合

蛇口から水漏れを起こしている時は、経年劣化や部品の緩みが原因と考えられますが、自身で直すのは難しい箇所でもあります。本体とパイプのつなぎ目からの水漏れであればナットを締め直すか、パッキンを交換することで直る場合があります。また、蛇口の付け根部分からの水漏れは、水道管自体から水漏れしている危険性があるため、業者に連絡するのが一番でしょう。

 

台所の床から水漏れしている時は、ほとんどが排水管の詰まりが原因です。パイプクリーナーやラバーカップなどで直すのは難しく、内部の配管の交換が必要な場合があります。

 

・浴室の場合

洗面台の下から水漏れを起こしている時は、どこから水が漏れているかを確認します。洗面台との結合部や、パイプの継ぎ目からの水漏れの場合、ナットを締め直す、あるいはパッキンを交換することで直る場合があります。パイプのひび割れが原因の場合、パイプの交換が必要になります。

 

修理はプロにまかせましょう

排水管や給水管の水漏れトラブルは珍しいことではありません。しかし、自分で直すには技術が必要な部分です。下手をするとリフォームが必要になることもあります。少しでも不安がある方は業者に見てもらうことをオススメします。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。今回は配管の水漏れトラブルについてご紹介しました。給水管や排水管は普段目にしないものですが、故障してしまえば日常生活に支障が出ます。まずは水漏れが起きないよう、定期的な点検をおこなうように心がけましょう。水回り修理に関して費用が気になる方は一度見積もりをしてみて、ご自身での修理に不安が残る方は専門業者の手を借りるのがよいでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム