最新情報・レポート

水道パッキンの交換は自分でできる!交換方法をご紹介

水道パッキンの交換は自分でできる!交換方法をご紹介

 

蛇口から水漏れが起きているといったお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?蛇口から水漏れが起きている場合は水道パッキンに問題がある可能性が高いです。そのままの状態で放置していては問題が解決されないため、早急に対処する必要があります。

 

 

今回は水道パッキンの交換方法をご紹介します。水道パッキンの交換と聞いて、難しそうと感じる方もいらっしゃることでしょう。実は正しい方法と手順を知れば比較的簡単におこなうことができます。水漏れ箇所を知ることで交換が必要なパッキンを把握することも可能です。この機会に水道パッキンの交換方法を知り、水漏れ被害をなくしましょう。

 

 

 

水漏れの原因は水道パッキン?

水道パッキンには水道からの水漏れを防ぐ役割があります。水道ハンドルの最下部に取り付けられており、普段は閉じていますが、ハンドルを回すとパッキンが上下に動きます。パッキンが動くことで仕切りがなくなり、水が蛇口から流れてくるのです。閉じている間は水道管の隙間を埋めた状態であるため、水漏れの発生を防いでくれます。

 

 

しかし、水道パッキンが劣化してしまうと水道管とパッキンの間に隙間が生まれ、そこから水がポタポタと垂れてきてしまいます。パッキンの下部はゴムでできているため、長年使用していると徐々に劣化してしまうのです。蛇口を閉めているにも関わらず水が流れている場合は、この水道パッキンが原因だと考えられるでしょう。

 

 

交換するパッキンは水漏れ箇所によって違う

 

交換するパッキンは水漏れ箇所によって違う

 

水漏れを確認することができたら早急に交換した方がよいです。しかし、水道パッキンにも種類がいくつかあるため注意しましょう。交換が必要なパッキンは、水漏れが起きている箇所を確認することで知ることができます。

 

 

●ハンドル部分からの水漏れ

ハンドルを閉めているにも関わらず水がポタポタと垂れてくるといった場合は、以下のパッキンを確認してください。原因は劣化だけでなく、ゴミの詰まりなども考えられます。その場合は綺麗に洗うことで問題は解決されますが、それ以外であれば水道パッキンの交換が必要になることもあります。

 

・ハンドルのコマパッキン(水栓ケレップ)
・バルブカートリッジのゴムパッキン
・胴体内部にあるUパッキン

 

 

●付け根部分からの水漏れ

蛇口からの水漏れはハンドルからだけでなく、付け根部分からも起こる可能性があります。付け根から水漏れが起きている場合は、固定器具のパッキンが原因だと考えられるでしょう。このパッキンが緩むと水漏れにつながるため、一度しっかりと締め直してみてください。それでも解決しない場合は取り外し、パッキンの状態を確認します。汚れやズレが原因であることもあるので注意してください。交換箇所は以下の通りです。

 

 

・付け根部分のクランクパッキン
・バルブカートリッジの下にあるゴムパッキンとスプリング

 

 

自分でできる水道パッキンの交換方法!

水漏れ箇所の特定が済んだら、問題を解決するためにも水道パッキンの交換をしなくてはいけません。今回はその中でも水漏れが起きやすいコマパッキンの交換方法をご紹介します。蛇口によって交換方法も異なるので理解しておきましょう。以下では洗面所やキッチンなどで使用されている、カラーキャップ付きの蛇口の交換方法をご紹介します。

 

 

①元栓を閉める

水道パッキンを交換する際は必ず元栓を閉めてからおこなってください。閉め忘れてしまうと作業中に水が噴き出してくる可能性があります。元栓の場所は住宅によって様々なので事前に確認しておきましょう。

 

 

②キャップを外す

ハンドルにキャップが付いている場合は、これを取り外します。先の細いドライバーやキリを使用し、こじ開けてください。力を入れ過ぎると傷つく可能性もあるので注意しましょう。キャップを外すと十字ネジがあるので、それをプラスドライバーで外してください。

 

 

③ハンドルを取り外す

十字ネジを外すことで、ハンドルも取り外すことが可能になります。固くなっていることもあるため、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーなどを使用するとよいです。なかなか外れない場合は、左右に動かしながら外してみてください。ハンドルを外すとナットが現れるのでこれも外します。

 

 

④コマパッキンの交換

ナットを外すとコマパッキンが出てきます。コマパッキンの交換は、新しいものと取り替えるだけでよいので難しい作業ではありません。交換する際は、先に水栓ケレップをはめてからコマパッキンをはめるようにしてください。コマパッキンはホームセンターなどで購入することができます。

 

 

交換作業は以上で完了です。戻す際は逆の手順で進めるようにしてください。作業も比較的簡単におこなうことができるため、水漏れにお悩みの方はいちど試してみるとよいかもしれません。正しい方法を理解し、作業中にトラブルが発生しないよう注意しましょう。

 

 

心配な方はプロにまかせれば安心です!

 

心配な方はプロにまかせれば安心です!

 

交換方法をご紹介してきましたが、やはり失敗するかもしれないと不安に感じる方もいらっしゃることでしょう。取り付けが上手くいかなければ症状が悪化してしまう恐れもあるため注意しなくてはいけません。

 

 

今回紹介した方法で水漏れが直らないこともあります。そのような場合は水道パッキンではなく、水道本体に問題が起きている可能性が高いです。被害の規模も大きくなる危険性があるため早急に対処しなくてはいけません。

 

 

このような場合は水のプロに任せれば安心です。経験豊富なプロが高い技術で問題をスムーズに解決してくれます。問題の原因が分からない方や、自分で修理するのが心配だという方はプロに依頼するようにしましょう。

 

 

まとめ

蛇口から水漏れが起きる主な原因は、水道パッキンに問題が発生しているからです。水道は毎日使用するため、このままの状態で放置しておく訳にはいきません。問題を解決するためにはパッキンの交換が必要になります。

 

 

水道パッキンの交換は自分でおこなうことが可能です。しかし、水漏れの症状によって交換すべきパッキンの種類が異なるため注意しなくてはいけません。正しい方法を理解することでスムーズに作業を進めることができるでしょう。自分で解決することが難しいと感じた場合はプロに任せると安心です。

 

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム