最新情報・レポート

蛇口ハンドル交換は自分でできる!手順方法とよくある不具合とは?

蛇口ハンドル交換は自分でできる!手順方法とよくある不具合とは?

 

蛇口から水漏れがしている、ガタガタとゆるくなっている、蛇口のトラブルでお困りの方も多いでしょう。蛇口は、キッチン、浴室、洗面所など水回りには必ず設置してあり、使用頻度が高いほど劣化も早くなります。しかし、水回りの修理ときくと料金が高額になるのではないか…そう思われがちです。

 

蛇口のハンドルの交換だけなら比較的安価ですみ、自分で交換される方も多いです。またハンドルを変えるだけで雰囲気も変わるため、おしゃれなデザインの商品も増え、インテリア感覚で選ばれる方もいらっしゃいます。

 

今回は蛇口のハンドル交換について、交換方法や蛇口に種類について説明していきます。初心者でも簡単にできるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

蛇口ハンドルを取り外そう

ご家庭によるあるタイプの蛇口の取り外し方を解説していきます。蛇口交換をするには道具が必要です。それぞれの蛇口の形によって使用する道具も変わるので、道具を間違わないようにしましょう。そして、どのハンドルにも共通しますが、小さなネジなどは作業中に排水口に落としてしまわないように、必ず栓をしてから始めましょう。

 

なお、交換作業中は、止水することをおすすめします。外にある元栓や蛇口の下の配管あたりに止水栓があるのでどちらかを閉めておきましょう。作業中に水がポタポタ垂れるのを防止できます。

 

樹脂ハンドル

お湯とお水、それぞれのハンドルがあり、蛇口はひとつでよく洗面所でみかけるタイプの蛇口です。

 

〈用意する道具〉

プラスドライバー、つまようじ、ウォーターポンププライヤー

 

〈手順〉

  • ① ハンドル上部にフタがついており、お湯が赤系で水が青系の色分けがされていることが多いです。まずは、このフタを外します。すきまに、つまようじをねじ込み上へ持ち上げると簡単に外れます。
  •  

  • ② フタを外し、中を覗くとネジが1本見えます。このネジをプラスドライバーで外します。(サビて固くなっていることがあります)
  •  

  • ③ ネジを外したら、ハンドルが外れるので外しましょう。すると、ハンドルで隠れていた部分が見えます。丸い金具とチョコンと突き出た金具の棒がついているので、丸い金具(ナット)をウォーターポンププライヤーで回してナットをゆるめ外しましょう。
  •  

  • ④ これで樹脂ハンドルが取り外し完了です。

 

レバーハンドル

最近のハンドルはこのレバーハンドルタイプが主流です。ハンドルをつかみ、上下や左右に動かして、水量や温度の調節をする蛇口です。

 

〈用意する道具〉

六角レンチ、つまようじ

 

〈手順〉

  • ① レバーの下に小さなフタがついています。メーカーによって場所は変わりますが、裏面や側面にあるのでみつけてください。このフタを、つまようじですきまからこじ開けてください。
  •  

  • ② フタが取れたら、中からネジが見えます。六角レンチでこのネジを外しましょう。(メーカーによってはネジの形状が違ったり、ネジがなかったりすることもあります)
  •  

  • ③ 六角レンチで外したら、上にレバーを持ち上げるとレバーが外れます。これで、取り外し完了です。

 

メタルハンドル

昔のご家庭でよく見かけます。もしくはレトロやアンティーク調のデザインとしても最近ではあえてこのデザインを選ぶ方もいます。星形のような形状で、手で握ってひねるタイプのハンドルです。

 

〈用意する道具〉

ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチ

 

〈手順〉

  • ① ハンドル上部にフタ(カラービス)がついているので、ウォーターポンププライヤーで外します。
  •  

  • ② ビスが外れるとハンドルも外れます。すぐ下にあるナットをモンキーレンチでゆるます。
  •  

  • ③ ナットをゆるめ、そのままくっついているスピンドルという金具を外します。これで取り外しは完了です。

 

蛇口ハンドルを取り付けよう

蛇口ハンドルを取り付けよう

 

いよいよ取り付けですが、ハンドルによっては元のメーカーや型番で合わないことがあります。互換性をもたせるよう各メーカーで出していますが、中には同じ品番のみしか交換ができないこともあるので、注意しましょう。

 

樹脂ハンドル

  • ①新しい樹脂ハンドルを用意します。
  •  

  • ②購入すると一緒にアダプターと呼ばれるものが3個ほど付属しています。使用するのは蛇口1つにアダプター1つです。サイズが違うので合うサイズを探してください。
  •  

  • ③アダプターを、チョコンと突き出た金具へはめ込みます。
  •  

  • ④ハンドルをかぶせ、レバーの位置を確認してください。
  •  

  • ⑤位置が決まったら、プラスドライバーでネジをしめましょう。これで、新しい樹脂ハンドルへの交換が完成です。

 

レバーハンドル

  • ①新しいハンドルを用意します。
  •  

  • ②ハンドル本体を蛇口の上部にはめ込みます。
  •  

  • ③レバーのすぐ下にナットがあるのでしめましょう。これで、新しいレバーハンドルへの交換が完成です

 

メタルハンドル

  • ①新しいメタルハンドルとスピンドルを用意します。
  •  

  • ②スピンドルを中にはめ、ナットでしめましょう。
  •  

  • ③上からハンドルをかぶせて、ビスでとめて交換完成です。

 

蛇口ハンドルの交換目安とは?

蛇口のハンドルは、使用頻度が高いのでいずれ不具合が起きてきます。では不具合が起きてから交換でよいのでしょうか。できれば何かトラブルが起きる前に対処したいと考える方もいるでしょう。ここではハンドルの寿命と、よくあるトラブルについてお伝えします。

 

寿命は10年

蛇口や水栓の寿命は、およそ10年です。もちろん使用している状況によっては前後し、15年以上トラブルがないといった蛇口もあります。しかし、どのタイプの蛇口でも10年が目安と覚えておいてください。ご家庭の蛇口の使用年数が10年近いなら、いつトラブルが起きてもおかしくありません。トラブルによってはハンドル交換だけではなく、水栓ごと取り替える可能性もあるので心構えしておいてください。

 

こんな症状が出たら交換です

・水が漏れる

ポタポタ水漏れする症状が出たら交換の目安です。中にはちょっとしたことで改善されることもあります。ゴムパッキンを変える、ナットしめる、ゴミを掃除する、この3つを試しても水漏れが直らないときは交換が必要です。

 

・蛇口が錆びている

蛇口をひねると赤く濁った水が出てきたり、サビ臭いときはもしかすると蛇口がサビているのかもしれません。近くで工事をしているとこのようなことも起きるため、しばらく水を出して、それでも水にサビが混じるときは交換をしましょう。

 

・温度調節ができない

お湯の温度調節ができなく、いつも水が出るといった症状もあります。温度が安定しないとき給湯器の故障も疑われますが、もしかすると温度調節するハンドルレバーの不具合かもしれません。プロに見てもらいましょう。

 

・レバーの動きが悪い

蛇口のレバーがかたい、変な音がする、このような症状が出たら交換したほうがよいでしょう。中には油をさすことで改善することもありますが、もし使用年数が10年近ければ交換するほうが無難でしょう。

 

こんなにもある。蛇口の種類

こんなにもある。蛇口の種類

 

注意してみるとご自宅の蛇口も場所ごとでさまざまな形の蛇口を使っているのではないでしょうか。ここでは蛇口のいろんな形をご紹介します。

 

設置の種類

・台付ワンホール

蛇口が台に設置してあり、水栓取り付け穴が1つあります。

・台付ツーホール

蛇口が台に設置してあり、水栓取り付け穴が2つあります。

・壁付

蛇口が壁に設置してあり、壁面に取り付け穴が2つあります。

 

水栓の型

・単水栓

ひとつの蛇口から水か、お湯どちらかひとつのみ水を出します。

・混合水栓

ひとつの蛇口から水とお湯、混合させて水を出せます。

 

レバーハンドル

・シングルレバー

レバー1つで、お湯と水の出る量や温度を調節できます。レバーの上下で水量、左右で温度調節です。

・ツーハンドル

レバー2つあり、水とお湯に分かれています。ひねる具合で温度調節ができます。

・サーモスタット

水を出すハンドルとは別に、温度調節するメモリつきのハンドルがついています。

 

自分で交換する?それとも業者にお願い?

 

これまで蛇口のハンドル交換をDIYする方法をご紹介してきました。しかし中には、自分ではできない、素人では無理なレベルの故障といったときあります。自分で交換するとき、業者に依頼するとき、それぞれの違いについて説明します。

 

〈自分で交換するとき〉

●メリット

  • ・費用が安くすむ
  •  

  • ・好きな時間に、自分のタイミングで交換ができる
  •  

●デメリット

  • ・自分で型番など調べて、探さなければいけない
  •  

  • ・失敗する恐れがある
  •  

 

〈業者に依頼するとき〉

●メリット

  • ・プロなので失敗の心配がない
  •  

  • ・すべて業者がやってくれるので手間がかからない

 

●デメリット

  • ・工事費用がかかる
  •  

  • ・業者を選び、知らない人を家に入れなければいけない

 

どちらにもそれぞれの特徴があるのでご自分でどこを重視しているか、よく考えてから選ばれるとよいでしょう。

 

まとめ

蛇口のハンドルの交換だけなら道具さえ揃えると簡単にできます。しかしそもそも道具がないと作業できず、これだけのために購入となるともったいない気もしますよね。そのため、業者に依頼したほうが早くてお得にできるかもしれません。

 

また、不具合状態によっては専門の知識が必要なこともあります。無理に自分で作業をし、うまく交換できなければ困ってしまいます。失敗のリスクがあるため不安なときは無理をせずに業者に依頼しましょう。寿命が近い、ハンドル交換で調子がよくならない、不安、このような場合はプロの業者に現状を見てもらうほうが安心です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム