最新情報・レポート

エアコンの水漏れ原因はドレンホースのつまり?全原因と解決法を紹介

エアコンの水漏れ原因はドレンホースのつまり?全原因と解決法を紹介

ここ数年は記録的な猛暑が続き、夏の暑さは災害のひとつとまで認識されるようになりました。熱中症対策はもちろん、日々を快適に過ごすためにもエアコンがかかせませんよね。ですが、そんなエアコンにとって意外にも起こりがちなトラブルが水漏れなのです。

「エアコンから水漏れ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。実はエアコンはその構造上、冷房をかける際にどうしても水分が発生してしまうのですが、本来であれば室外に排水されるべき水が何らかの不調によって正しくない箇所から出てきてしまうことがあるのです。

今回は、そんなエアコンの水漏れの発生原因や対処の方法を解説します。エアコンからの水漏れに疑問のある方や、自宅のエアコンで水漏れが発生してしまったというときにはぜひ参考にしてください。

エアコンから水漏れする8割の原因

実は、エアコンから出てくる水は冷房時にエアコン内部で発生した結露の水分です。例えば、夏場に氷の入ったコップを置いておくと、あっという間にコップの周りが水浸しになりますよね。この現象を「結露」と呼びます。

エアコン内部の冷却されたパーツと湿った暖かい空気によって、エアコンも結露を起こします。ですが、これらの水分は室外機を通して外へ排出される仕組みになっています。

この排水機能に何らかの問題が起こると、結露の水分が正しく排水されずにエアコンの送風口から水が飛んできてしまうことがあるのです。

さて、エアコンの内部で結露した水が適切でない場所から漏れだしてしまう具体的な原因はいったい何なのでしょうか?

8割の原因は「ドレンホースのつまりやたるみ

エアコンが水漏れを起こす原因の8割は、「ドレンホース」にあるといわれています。

ドレンホースとは、エアコン内部で発生した水分を排出するため、室内機から外へと設置されている管のことです。このドレンホースが「つまり」や「たるみ」を起こすことで、排水が送風口に向かって逆流してしまい、水漏れを起こしてしまいます。

ドレンホースのつまりの原因としては、外から侵入してきた虫や小動物が巣を作ってしまう、虫の死骸・枯れ葉などのごみが堆積してしまうなどの点が挙げられます。

また、ドレンホースは水分だけではなくほこりなどエアコン内に蓄積した汚れも排出しているため、普段からどうしても汚れが溜まりやすいのです。汚れが溜まることで雑菌が繁殖しやすく、さらなる汚れやつまりの要因にもなります。

加えて、ドレンホースがたるんでいたり、ホースの先端が潰れていたり、ホースの出口が上向きになっていたりということもつまりの原因です。エアコンが水漏れを起こしたときは、まずドレンホースの不調を疑いましょう。

残り2割の原因は「エアコン内部の汚れや故障

しかし、水漏れの原因がドレンホース以外にある場合もあります。考えられるうちのひとつが、「エアコン内部の汚れ」です。

エアコン室内機内部には、結露により発生した水分を溜める「ドレンパン」と呼ばれる受け皿があります。ここに溜まった排水がドレンホースへと流れていくのですが、エアコン内部の汚れがドレンパンに蓄積してしまうことがあります。

こうなってしまうとドレンパンは正しく排水を溜めておくことができず、水漏れを起こしてしまうことがあるのです。またエアコン内部の汚れが原因で、冷房効率が悪くなることも水漏れにつながる可能性があります。

結露は内と外の温度差によって発生する現象です。温度差が大きければ大きいほど、発生する結露の水分も多くなります。エアコンの内部に汚れが溜まると冷房の効きが悪くなり、設定温度をさらに下げてしまいがちです。

設定温度を下げれば当然温度差も大きくなり、さらなる結露によるひどい水漏れにつながるというわけなのです。そのほか、エアコン内部の故障が原因で水漏れが起こる場合もあります。

ドレンパンの亀裂などエアコン内部の部品の劣化、破損によっても水漏れは起こります。また冷媒ガスの漏れや不足、冷媒ガスを通している配管の不良なども水漏れの原因と考えられるのです。

ドレンホースに問題がなく、その他のパーツについてもきちんと掃除もしているのに水漏れが解消しないという場合には、エアコンそのものの故障を疑う必要があるでしょう。

水漏れが発生した場合には、まずはドレンホースのつまりの解消、そしてエアコンの掃除をすることからはじめてみましょう。それでも解消しなければ、メーカーや修理業者へ相談してはいかがでしょうか?

ドレンホースを掃除する方法

ドレンホースを掃除する方法

水漏れの原因がわかれば、おのずと解決策もみえてきます。とくにドレンホースのつまりが原因であれば、そのつまりを自ら解消すればよいのです。

ドレンホースは簡単に掃除することができますから、以下の手順で汚れを取り除いてみましょう。

掃除に必要な道具

まずは以下の道具を使って、実際にドレンホースを掃除してみてください。

・掃除機

まず、自宅にあるもので汚れを取り除けるかどうか試してみましょう。ホース内のつまりの解消には、掃除機がもっとも手ごろなアイテムです。掃除機でドレンホースのつまりの原因となっているゴミや汚れを吸引し、きれいに取り除きましょう。

ドレンホース内のゴミや汚れは水分を多く含んでいる場合があり、水分を吸ってしまうと掃除機が故障するおそれがあります。ドレンホースの口をタオルと輪ゴムを使って塞ぎ、タオル越しに掃除機で吸い出しましょう。

数秒吸い出して、掃除機の口をすぐに話す、というようにすると、誤って掃除機で水分を吸い込んでしまうのを避けることができます。

・割りばし、細い棒など

つまりの箇所に届くようであれば、割りばしのような細い棒を使いましょう。棒の先端でつまりの原因となる汚れやこびりつきをほぐし、ドレンホースの外へ搔き出します。掃除機で吸引する前にも、ある程度ゴミを取り除くことで作業がスムーズになりますよ。

・ドレンホースクリーナー

ドレンホースが原因でエアコンが水漏れを起こすことが多いため、専用のクリーナーも販売されています。大きな注射器のような形状で、ドレンホースの出口に装着して吸引することでつまりを解消させます。

ドレンホース掃除の作業手順

掃除に取り掛かるにあたって、事前に準備が必要です。まず、掃除をおこなう数日前から、冷房を使わないほうがいいでしょう。冷房使用を控えておけばドレンホースに排水が大量に溜まることもないので、安心して作業をすすめることができます。

暑い日が続いてエアコンを休める時間が取れないのであれば、ドレンホースの先端口に雑巾や布を当て、ゴムやテープなどでしっかりとめておきましょう。これは掃除機でホース内を吸引している際に排水が出てきた際、掃除機が大量に排水を吸い込んでしまうのを防ぐためです。

掃除機が水分を吸い込むと、故障してしまうおそれがあります。エアコンを数日使用しなかった場合でも、念のためにやっておきましょう。

そして、作業中に排水が逆流する可能性もあるので、室内機の送風口にタオルを当てておくか、水受け用のゴミ袋などを貼っておくのもよいでしょう。

実際に掃除に取り掛かる前は、エアコンの電源を必ず落としておきます。誤作動することがないよう、コンセントを抜いておきます。

事前準備ができたら、割りばしなどの細い道具を使ってドレンホースの入り口にある汚れを取り除きます。目に見えるほどの大きなゴミは、こうしてあらかじめ取り除いておくと後々の作業が楽になります。

次にドレンホースに掃除機の吸い込み口を当て、ドレンホースの先端を上向きにしてから吸引を開始します。まずは数秒間の吸引をおこない、ゴミが取り除けたかどうか確認してください。

長時間吸引したままにすると、掃除機の内部まで水を吸い込んでしまうおそれがあるので、少しずつ様子を見ながら作業をすすめましょう。

つまりの原因となっているゴミが取り除けたら、ドレンホースを下に向けて溜まっていた水を排出します。市販のドレンホースクリーナーを用いる場合にも、掃除機の場合と同様に室内機の逆流対策をしてから掃除をおこないましょう。

まずはクリーナーをドレンホースに指し込み、汚れを吸引するようにクリーナーの持ち手を強く引きます。これを何度か繰り返す必要がありますが、持ち手を押し戻す際は必ずクリーナーをドレンホースから外してください。

ドレンホース内でクリーナーの持ち手を戻すと、吸引した水が室内に逆流してしまうことがあるためです。クリーナーを別途購入する費用はかかってしまいますが、掃除機が水を吸い込んで故障するリスクはありません。

また、ドレンホースのつまりを解消するための専用商品なので、簡単かつ効率よく作業をおこなうことができますよ。

ドレンホース以外の原因の水漏れ解決法

ドレンホース以外に水漏れの原因がある場合は、エアコンの内部を掃除してみましょう。そもそも、エアコン内部の汚れをそのままにしておいていいことはありません。

水漏れ解消だけでなく冷暖房の効率をよくし、さらなる故障やトラブルを防ぐことができるのです。まずは以下の手順で、それぞれのパーツをきれいにしてみましょう。

フィンを掃除しよう

フィンとはエアコンの熱交換をおこなう金属製の部品で、エアコンの要といってもよいパーツです。フィンの温度が上下することにより、エアコン内の空気が温められたり、冷やされたりします。つまり、エアコン内部の結露はこのフィンで起こっているのです。

フィンにホコリが溜まっていると、発生した結露がドレンパンにうまく流れていきません。こうして水漏れが起きる原因になるほか、冷暖房の効率も落ちてしまいます。なるべくきれいにしておきましょう。

フィンを掃除する際もエアコンから汚れが出てきますので、ゴミ袋などをエアコンの下部に貼り付けるなどして対策することをおすすめします。あらかじめコンセントも抜き、エアコンの外装や吹き出し口なども拭いてきれいにしておきましょう。

掃除の際は、市販のエアコン専用クリーナーを使うことをおすすめします。カビ取り効果、消臭効果があるものを用意することで、水漏れだけでなくエアコンのイヤな臭いも一緒に解決することができます。

ただし、エアコンは精密機械です。洗剤を用いる際は、電装部分に液体がかからないように注意してください。電装部分がむき出しの機種であれば、ラップやテープなどで覆って洗剤などがかからないようにしましょう。

また、機種によっては自力でフィン部分の掃除をしないほうがよいものもあります。必ず取扱説明書を読むか、またはメーカーに確認をしておきましょう。

フィルターの掃除も効果的

空気中のホコリやゴミをろ過する役割を果たしているのがエアコンフィルターです。当然、使用すればするほどフィルターは汚れていきます。定期的に掃除をすることがなにより大切ですから、こまめな掃除を怠らないようにしましょう。

まず、フィルターが取り外せるタイプの掃除の方法を説明します。外したフィルターのホコリやゴミを、掃除機を使っておおまかに取り除きましょう。その後フィルターを水洗いして、残っている細かいホコリやごみを落としてください。

使い終わった歯ブラシなどを使うと、汚れをよりきれいに落とせます。水洗いした後は、しっかり乾かしましょう。フィルターの乾燥が十分でないと、カビ発生の原因になります。生乾きには要注意です。

フィルターが取り外せないタイプのエアコンについては、自力での掃除が大変になることがあります。自分では手が付けられないと感じたら、業者に依頼することもおすすめです。

ドレンパンも掃除が必要

ドレンパンに汚れが溜まっていると、水漏れのほかにカビが発生する原因にもなってしまいます。フィン下にあるドレンパンが取り外せる機種のエアコンであれば、自分で外して作業をしましょう。

このドレンパンも汚れをふき取るだけでなく、カビが発生している場合には専用クリーナーを使ってしっかりカビ取りをしておきましょう。

フィルターの場合と同様に、ドレンパンも取り外しができないことがあります。自分で掃除をしてよいかどうか、判断に困ったときにはメーカーや業者に相談して作業をしてください。

内部の故障がわかったら業者に相談を

原因となる箇所の掃除を終えても水漏れが収まらない場合は、エアコン事態が故障している可能性があります。この場合は、すみやかにメーカーや専門業者に相談しましょう。

故障が疑われる状態で使い続けてしまうと修理費用がかさむほか、状態によっては買い替えることも必要になってしまいます。ちょっとした水漏れでも甘く見ず、早めに対応しましょう。

掃除が難しければエアコンクリーニングを頼んでみよう

掃除が難しければエアコンクリーニングを頼んでみよう

自分でエアコンの掃除をすることはとても経済的ですし、はじめは慣れなくとも何度もやればコツもつかめてくるものです。ですが多くのエアコンは高い位置にあって、脚立やはしごを使っての危険な作業が必要な場合もあるでしょう。

また、エアコンは家電製品です。どんなに気を付けていても、不用意に電装部分にさわってしまうことも考えられます。そのほか、取り外し可能なはずのパーツがうまく外せないなど、掃除による故障・事故の可能性も大いに考えられるのです。

心配であれば、プロによるエアコンクリーニングをお願いしてみてはいかがでしょうか?プロに頼めば自分で掃除する手間やトラブルのリスクもありません。エアコン掃除は水漏れだけではなく、臭いやアレルギーの対策にもなります。

ただし自分でもできるこまめなクリーニングは普段から怠らず、エアコンをできるだけ清潔に保っておきましょう。しっかりと清潔に保つことで冷暖房の効率は上がり、エアコン自体も長持ちします。長い目で見れば、電気代なども大きく節約できることでしょう。

まとめ

エアコンの水漏れの原因はドレンホースの不良によるものがほとんどです。このため、ドレンホースのつまりやたるみを解消すれば水漏れが解決できます。水漏れが発生しても、慌てずにドレンホースの不備はないか確認してみましょう。

また、適切にエアコンの掃除をすることでも、水漏れを防ぎエアコンの効率を上げることもできます。かなりの期間エアコンの掃除をしておらず、面倒であればプロに頼んでみてはいかがですか。

エアコンの汚れを放置しておけば、水漏れだけでなく故障や健康被害の原因にもなります。プロに頼んでも、故障を防ぐことができれば結果出費は抑えられるものです。そして、エアコンの故障が水漏れの原因として疑われる場合は、すみやかにメーカーや専門業者へ相談しましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム