最新情報・レポート

賃貸で水漏れ発生!金銭負担はだれ?トラブルが発生時の原因・対処法

賃貸で水漏れ発生!金銭負担はだれ?トラブルが発生時の原因・対処法

 

トイレやお風呂、キッチンなど、水まわりの設備は毎日の生活に欠かせませんよね。ですが、これらの設備は日常的に利用するぶん、水漏れなどのトラブルも少なくありません。

 

とくにマンションやアパートなどの集合住宅の場合は、隣の部屋や下の階の部屋まで水漏れの被害が拡大してしまうこともあります。身の回りで起こる水漏れによって、あなたは加害者にも被害者にもなりうるのです。

 

そんなとき、わたしたちは一体どのように対処すればいいのでしょうか。今回は水漏れの原因と対策、場合別の対処法をお伝えします!

 

 

 

 

賃貸で水漏れトラブルが起きたときの対処法!

それでは、自分自身の過失が原因で起こった水漏れの場合とそうでない場合の水漏れについて、それぞれの対処法をチェックしていきます。

 

自身の過失だった場合の対処

1.水を止める

まずは止水栓を閉めて水を止めましょう。水が流れ続けると被害は拡大します。トイレやキッチンなど、それぞれの設備ごとに設置してある止水栓を閉めて対処してください。

 

それでも水漏れが収まらないときには、水の元栓を閉めましょう。集合住宅では、たいてい玄関の近くにある鉄扉の中に元栓が設置してあります。元栓は時計回りに回すと閉めることができます。

 

その後、水漏れにより濡れた場所をタオルや雑巾などで拭き取ってください。放置してしまうと床に水がしみ込んでしまいます。

 

2.大家さんや管理会社へ連絡する

次に、大家さんや管理会社に水漏れが発生したことを伝えましょう。対処法を教えてくれるほか、水道会社を手配してくれることもありますよ。水漏れについては住民に対処を任せているという場合にも、後々トラブルが起きてしまったときのために報告しておくことが重要です。

 

水漏れが原因で室内が痛んでしまった場合は、これらの修理やクリーニングについても合わせて相談するとその後の処置がスムーズになります。

 

3.修理業者に連絡する

水漏れにより家屋そのものや家財道具が破損した場合は、それぞれの専門会社に相談しましょう。業者の指示にしたがって、修理の手配をすすめてください。

 

4.隣人や下の階の住人に謝罪する

隣人や下の階の住人に水漏れの被害を与えてしまった場合、誠意をもって謝罪しに行きましょう。水漏れの被害を受けた相手の部屋も、状況によっては家財道具一式が使い物にならなくなってしまう場合もあります。

 

最悪の場合、賠償問題に発展することもあるかもしれません。示談を円滑に進めるためにも、丁寧に謝罪して誠意があることをしめしておくとよいでしょう。

 

原因は分からないが、自分の過失ではないと考えられる場合の対処

次に、水漏れの原因が不明で自分の過失ではないと考えられる場合の対処法をご紹介します。

 

1.現状を写真などにおさめる

まず、水漏れによる被害状況を写真におさめましょう。天井や床、家財道具などを細かく撮影して、状況を詳しく説明できるようにしておいてください。

 

原因がわからない場合は、水がいつ止まるのかもわかりません。水に濡れてはいけない物は非難させておきましょう。

 

2.大家さんや管理会社へ連絡する

大家さんや管理会社に被害状況を連絡して対処を頼みます。専門の業者を呼ぶなどして、水漏れの原因や発生元を特定してくれるはずです。

 

室内が傷んでしまった場合には、カビの発生などの二次被害を防ぐために部屋の修理やクリーニングが必要となります。部屋のすみずみまでしっかり調査してもらいましょう。

 

家財道具などに損害があるときには加入している保険で保障される場合があり、または加害者に賠償の請求をすることができます。

 

あるいは、水に濡れて使えなくなってしまったものも水漏れの証拠として必要になるかもしれません。すぐに処分せず、残しておきましょう。

 

賃貸での水漏れ……修理負担は【原因】で変化する

賃貸での水漏れ……修理負担は【原因】で変化する

 

賃貸物件に住んでいて水漏れが起きてしまうと、室内は目も当てられないほど水浸しになってしまうことがあります。また、部屋を水に濡れたまま放置してしまうと、カビや傷みが発生してしまうかもしれません。

 

このような二次被害を防ぐためにも修理やクリーニングが必要となりますが、この費用は原因によって借主の負担となるケースと、貸主が負担するケースがあります。

 

【借主負担】住民の過失で部屋(占有場所)から水漏れした場合

「浴槽の水を流したまま居眠りをしてしまった……」

 

「洗濯機のホースの劣化が原因で水漏れしてしまった……」

 

「排水溝がつまっていて水が流れなかった……」

 

このような住民の生活上の不注意が原因で起こってしまった水漏れは、住民の過失となります。住民は修理費などの費用を弁償しなければなりません。

 

さらに、隣の部屋や下の階の部屋にまで被害が拡大してしまったときには、それら部屋の分まで弁償しなければならない可能性があります。最悪の場合、各部屋の家財道具など含めて数百万円の賠償を請求される場合も……。

 

【貸主負担】通常使用での経年劣化の場合

貸主には、自身が住人に貸し出している部屋に必要な修繕をする義務があります。住人がきちんと家として住める環境をつくるために、共有部分や建物の構造部分が劣化した場合には貸主が修理をしなければなりません。

 

配管や給水管の劣化が原因で水漏れが起きてしまうと、住人は通常通りの暮らしを営むことが困難になります。これは貸主側に責任のあることです。この場合、水漏れの修理とその費用は貸主となる大家さんや管理会社の負担となります。

 

台風や大雨などの雨漏りが原因の場合もある

災害が原因の水漏れについても、修理や費用の負担は貸主の負担になります。貸主にはこれらの被害を修理する義務があるので、大家さんまたは管理会社にすみやかに連絡しましょう。

 

素人では原因不明の場合も多い…まずはプロによる現地調査を

素人ではどうしても気付けない水漏れの原因もありますから、まずは被害が大きくなる前に専門業者にお願いして状況を見てもらいましょう。

 

また、金銭面の問題を自分では解決できないという場合は市町村など法律相談窓口や弁護士の法律相談なども利用してみることをおすすめします。

 

水漏れは ”保険” が使える場合もある

水漏れの加害者になってしまったとき、修理費や賠償金を工面するのは大変なことです。また、場合によってはさらに家財道具の買い替えなどの負担がかかることもあります。ですが、実は水漏れにも保険が使える場合があることをご存知でしょうか?

 

状況によって適用可能な保険

では、ここからは水漏れの状況によって適用できる可能性のある保険を順に紹介していきます。

 

・総合型の火災保険

総合型の火災保険に加入していれば、水漏れの場合にも保障を受けることができます。ただし建物・家財はそれぞれ別での保険となるため、確認が必要です。また、総合型ではない火災保険は火災のみ適応という場合も少なくないので注意しましょう。

 

・個人賠償責任保険

日常生活で他人に損害を与えてしまった場合の費用を保障してくれる保険です。怪我・物品のどちらにも適用することができます。自身が水漏れの加害者となってしまった際、被害を受けた周囲の住人からの賠償を請求されたときでも保障が効きます。

 

ただし、自分の所有物分の修理費用は保障に入っていないので注意が必要です。たいていの場合は大家さんが物件の保険に加入しているので、貸主負担の場合はこれらの保険を利用して修理をしてくれることもあるでしょう。

 

部屋のクリーニングから家財道具の買い替えまでが、この保険の対象となっています。また、それぞれの保険に「個人賠償責任特約」が付いている場合があります。

 

個人賠償責任特約とは、個人賠償責任保険と同等の補償を別の保険(火災保険や地震保険など)に付加することができるオプションのようなものです。

 

これらの保険は入居時に加入することが条件となっており、ほとんどの方は加入しているはずです。ただし継続を忘れてしまったり、故意に継続をしなかったりして保険が切れている場合があります。

 

いつ何時、何が起こるかわかりません。保険が切れていないか更新の通知をよく確認しましょう。ただし、これらの保険は重複して受け取りをすることができないので注意が必要です。

 

隣・上の階の人から被害を受けた場合、賠償を求めることもできる

隣の部屋や上の階の部屋からの水漏れにより被害を受けた場合には、こちらから賠償を求めることができます。部屋のクリーニング代と、水漏れにより使えなくなってしまった家財道具も賠償要求の対象です。

 

賠償を求める場合はトータルでいくらかかるのか、きちんと見積もりをしましょう。しかし、残念ながら賠償請求は支払い能力のある人にしかできません。

 

被害にはあったのに加害者側に支払い能力がなく、泣き寝入りする羽目になる可能性もあります。加害者になっても被害者になっても利用できる保険に加入しておくのが得策でしょう。

 

水漏れが起きたら放置は厳禁!はやめに対策を行いましょう

水漏れが起きたら放置は厳禁!はやめに対策を行いましょう

 

水漏れを放置していると、たちまち被害が広がってしまいます。とくに夏場の水濡れはカビの原因になりやすく、二次被害が起きてしまう可能性もあります。

 

水漏れが起きないように排水溝の掃除など、普段から自分で防げることは対策しましょう。万が一水漏れが起きてしまい、自分の手には負えなくなってしまった時には、専門の業者に処置をお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

わたしたちは毎日、水を利用して生活しています。しかし、毎日使うものだからこそ、ある日突然水漏れによるトラブルの加害者や被害者になってしまう可能性もあるのです。

 

日ごろから排水溝などの水回りの掃除や日用品のメンテナンスをすることで、水漏れの加害者となることを防ぐことができます。

 

ただし、自分がいつ水漏れの被害者になるかは予測ができないものです。いざというときのためにも加入している保険の見直しや、きちんと保険が更新されているのかしっかり確認しておきましょう。

 

もしも自分の過失で水漏れを起こしてしまった場合には、早急に水を止めることが大切となります。それから先のことは、保険会社や専門業者などプロにおまかせましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム