最新情報・レポート

【徹底解説】自分でもできる水道水漏れの修理方法と蛇口交換

【徹底解説】自分でもできる水道水漏れの修理方法と蛇口交換

 

水道は現代の暮らしに欠かすことのできないとても大切なもの。そんな水道のトラブルでも一般的なものが水漏れです。水漏れの原因は部品の劣化や水道の寿命などさまざまです。

水漏れが起きたときには、すぐに専門業者に依頼することが必要なのでしょうか?いいえ、じつは水漏れはケースによっては自分で直すこともできるんです。

 

今回の記事は、水道水漏れの原因や対処方法についてお伝えします。水道水漏れが起きたときの対処法や、自分でできる蛇口交換の方法などについてご紹介していきます。

 

 

水道から水が漏れてくる主な原因は3つ

水道水漏れは、水道代が高騰するなどの弊害もあるため早めに直したいものですよね。水道からの水漏れの原因となるのは一般的に以下の3点が多いといわれています。

 

接合部のしまりが悪くなりすき間ができている

水漏れの原因としては一番わかりやすいものです。水道の蛇口や水道管などの接続部分のしまりが悪く、その隙間から水道水漏れが起きています。

 

パッキンなど内部に使われている部品が破損している

パッキンとは水漏れを防ぐために使う部品です。水道にはこのパッキンがいくつか使われていて、水道の部品のなかでも劣化しやすい部品です。パッキンやそのほかの内部部品が破損・劣化しても水漏れが起こります。

 

経年劣化や老朽化といった水道の寿命

水道管の寿命は一般的に約20~30年ほどといわれています。また、蛇口の寿命は約15年です。こうした水道部品の寿命により、水道から水漏れをすることがあります。水道の寿命が原因の水漏れには水道管や蛇口交換が必要になるでしょう。

 

水漏れ修理の基本!まずはここから始めよう

水漏れ修理の基本!まずはここから始めよう

 

水漏れは特別なことが起きなくても起こります。そのため、もし水道水漏れが起きても焦らずに対処しましょう。水漏れを発見した時にはまず下記のことを確認してみてください。

 

・止水栓を調整する

止水栓とは水道の元栓のこと。止水栓を開く量を調整することで水漏れが止まることもあります。

 

・接続部分をしめる

レンチで、ナットなどの部品が接続されているところを強くしめてみましょう。

 

・配管内の清掃をおこなう

水道管内にゴミが詰まることによって、水漏れが起こっていることもあります。配管内をきれいにすることで水漏れが解消できることがあります。配管の掃除には専用のクリーナーを使いましょう。

 

・パッキンなどの消耗品の交換

水漏れはパッキンなどの消耗品の劣化によって起こっていることもあります。水道のパッキンの寿命は約10年。長くパッキンを変えていない人は、水漏れの原因としてパッキンを疑ってみるのもよいでしょう。

 

水漏れの勢いが弱く、部品が外せるときはまだ自分で部品を変えることが可能です。1度パッキンの交換も試してみるのがよいでしょう。費用も数百円ですので、コストもかかりません。しかし、水漏れの勢いが強いときは専門業者に依頼するのがよいでしょう。

 

蛇口交換の方法!古くなったり壊れたりしたら試してみよう

上記の方法を試しても効果がないときは蛇口交換をおこなうことで水道水漏れが改善することがあります。蛇口の寿命は約10~15年。気づけば長い間、「交換をすることなく使っていた」というケースも多いようです。

そんな蛇口の交換は自分ですることも可能です。ここでは自分でおこなう蛇口交換の方法について解説します。

 

【蛇口交換で用意するもの】

・自宅に合った新しい蛇口

・モンキーレンチ

・六角レンチ

・シールテープ(水漏れ防止)

・マイナスドライバー

・タオル

・バケツ

 

手順①:準備

まずは、ご自宅で使っているタイプと同じタイプの蛇口を用意しましょう。一般的に蛇口の種類は4種類あり、新しい蛇口のタイプは古いタイプと同じものである必要があります。

 

・ワンホールタイプ:台に取り付ける蛇口で、取り付ける穴が1つのもの

・ツーホールタイプ:台に取り付ける蛇口で、取り付ける穴が2つのもの

・壁付き単水栓:壁についている蛇口で水、もしくはお湯が出るもの

・壁付き混合栓:壁についている蛇口で水とお湯が混ざって出るもの

 

ご自宅の蛇口と同じタイプのものを用意してください。また、作業前には必ず止水栓(水道の元栓)をしめておきましょう。

 

手順②:蛇口の取り外し

古い蛇口を取り外します。蛇口を取り外すときになかに水が残っていることもあるのでタオルとバケツを用意しましょう。金具をゆるめて蛇口を引き抜きます。下の配管部分はレンチを使って取り外しましょう。

 

手順③:蛇口の取り取り付け

次に、新しい蛇口を取り付けます。蛇口に付属のアダプターを設置し、金具で蛇口を取り付けます。ハンドルがしまっているかの確認もしましょう。詳しくは蛇口の取扱説明書を参照してください。メーカーごとに取り付けの手順は異なることがあります。

 

手順④:水が出るか確認

給水ホースを蛇口につなぎ、止水栓を開きます。ハンドルをひねって水が出るか確認しましょう。各部の接続部分やホースの根本も確認します。

また、止水栓を開くときには必ずゆっくりとおこなってください。もし、水漏れを起こした場合には大量の水が漏れ、大惨事になってしまいます。

 

各作業の注意点

蛇口交換をおこなう際には、トラブルに備えて水道業者の連絡先を控えておきましょう。蛇口の交換中、もしくは交換後に大量の水漏れが起こる可能性もあります。

また、止水栓まで距離があるときの確認は二人でおこなうようにしてください。水漏れを起こしていても気づかずに、大量の水が溢れ出ることがあります。

 

自分でうまくやれなかったときは業者に相談しよう

自分でうまくやれなかったときは業者に相談しよう

 

水道水漏れの際の蛇口交換は自分ですることも十分に可能です。一方で、自分で蛇口交換をするリスクもあります。

 

DIYで蛇口を交換するリスク

自分で蛇口交換をした場合には水漏れを直すことができないこともあります。この原因としては蛇口以外が水漏れを起こしている、蛇口自体の異常やトラブルなどが考えられます。

また、途中でうまくかなくなり、結局業者に依頼することになった失敗例もあります。自分で修理をおこなった結果、失敗してしまうとその費用はまるまるムダになってしまいます。

こうしたリスクを避けるためには、初めから水道修理の専門業者への依頼を検討するのがよいでしょう。

 

水漏れ修理の業者に相談するメリット

水漏れの修理を、専門業者に依頼することのメリットは2つです。まずは確実に水道水漏れが修理できること。自分でおこなうよりも専門技術のある業者へ修理を依頼したほうが修理は確実でしょう。

また、もうひとつのメリットは修理後の保証です。水道のトラブルはいつ起こるかわかりません。そのため、アフターフォローをしてくれる業者を選べば、長い目で見ても安心できますよ。修理を専門業者に依頼することで、時間の節約にもつながります。

 

まとめ

水道水漏れは特別な出来事がなくても起こります。そして水漏れによる被害はときに生活のリズムを大きく乱す原因にもなるでしょう。

しかし、水漏れを直すことは可能です。まずは自分でできる確認と対処方法を試してみるのがよいでしょう、また、蛇口が水漏れの原因として疑われるなら自分で蛇口交換をしてみるのもよいかもしれません。

一方で、自分でおこなう蛇口交換や水漏れの修理には限界もあります。もし、水漏れの原因が特定できないときは無理せず水道修理の専門業者に依頼をするのがよいでしょう。

 

水道は私たちの生活になくてはならないライフラインです。トラブルに適切に対処し、快適な生活を送れるように備えておきましょう!

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム