最新情報・レポート

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因?自分でできる対処と修理法

ウォシュレットの水漏れはパッキンが原因?自分でできる対処と修理法

 

現代の家庭のトイレ、ショッピングセンターのトイレ、公共施設のトイレが温水洗浄便座にことは珍しくありません。温水洗浄トイレの悩みの一つが水漏れですよね。今回は、ウォシュレットトイレの水漏れについてお伝えしていきます。自宅でできる水漏れの対策とメンテナンス前の注意点、故障を予防する方法を紹介していきます。

 

今ウォシュレットトイレの水漏れにお困りの方も、今後の参考にしたい方も参考にしていただけたら幸いです。

 

 

ウォシュレットからポタポタ水漏れ…原因と対策はコレ!

急にウォシュレットトイレからポタポタと水漏れし始めたら焦りますよね。ここでは、水漏れの原因と対策をお伝えしていきます。

 

パッキンの劣化によるものなら交換で解決!

ウォシュレットからの水漏れはパッキンの劣化が原因の可能性が高いです。長年お住まいの方で全然パッキンの交換をしていないといことはありませんか?実は、パッキンは年々劣化していきます。とりあえず、大量の水漏れがあったら、水道管を閉めましょう。そして、ホームセンターなどでさまざまなウォシュレットに使えるパッキンを買うことができるので、交換するとよいでしょう。

 

ボルトが緩んでいる場合も多い

ウォシュレットトイレからの大量の水漏れが止まらない原因の一つに、ボルトが緩んでいる可能性があります。長年住んでいると知らず知らずのうちに緩んでしまうことがあります。ボルトは閉めるだけで簡単に水が止まることもあるので、一度確認してみてください。

 

吸水ホースから水が漏れていることも

ウォシュレット外から水漏れがしている場合は、給水ホースがトラブルの原因かもしれません。この場とき、交換するのが手っ取り早いです。ホームセンターに行って、必ず同じ規格のものを買うように注意してください。ホームセンターの店員さんに直接交換する部品を渡すか、メーカーに聞いて正しい製品名を聞いてみるということをすると、同じ規格の交換部品を手に入れることができます。

 

ノズルが詰まってる?お掃除で直るかも

細かいパーツが多いウォシュレットトイレ。普段便座は掃除している方は多いでしょう。しかし、なかなかノイズやボタンなどの細かい部分まで常に掃除している方は少ないでしょう。動作が悪くなったという方や、水漏れをしている方は、知らず知らずのうちに汚れがたまっているかもしれません。一度ノズルなどの細かい部分を掃除してみると改善される可能性が高いです。

 

自分でウォシュレットのメンテナンスをする前の注意点

自分でウォシュレットのメンテナンスをする前の注意点

 

先述したように自分で直せる場合が多いウォシュレットトイレの水漏れ。しかし、メンテナンスをする前に注意したほうがよい点があります。

 

漏水事故にならないよう止水栓を締めてから作業しましょう

自分で直そうとして、製品が前よりダメになってしまってはいけません。しっかりと自分が使っているウォシュレットトイレの取り扱い説明書を確認してみましょう。そして、特にパッキンの交換のときなどウォシュレットトイレを修理するときは、漏水にもなりかねませんので、しっかりと止水栓を緩めてから作業するようにしましょう。

 

ウォシュレットは電化製品。故障や火災、感電に注意!

ついついウォシュレットトイレは電化製品ではないのではないかと思ってしまいそうですが、ウォシュレットトイレは電化製品です。そのため、自己判断で修理するのは危険です。ボトルやパッキンの簡単な修理だと素人でも簡単にできますが、なかなか直らない場合など自分で手に負えないトラブルのときは業者の方に依頼しましょう。無理に直そうとすると、分解する前より動作が悪くなることや火災や感電にもつながりかねません。

 

まずは、ウォシュレットトイレの保証書を確認してみましょう。もし、メーカーの保証期間内であればメーカーに修理を依頼しましょう。仮にメーカーの保証期間外であれば、メーカーに依頼すると費用が高くなってしまう場合があるので、身近な水道センターに相談してみるといいかもしれません。身近な水道センターだと手頃な価格でやってもらえることが多いです。

 

ウォシュレットの水漏れ、こんな場合はプロに相談を

ウォシュレットトイレ本体が故障、水漏れしている場合や操作パネルから水漏れがある場合はウォシュレットトイレを新しいものに買い替えるか、部品を交換しなければならない可能性が高いです。
この場合は、電化製品の修理になるので、資格を持った方にしか行うことができません。業者の方に相談してみましょう。

 

ウォシュレットの修理料金の相場は?

業者の方にウォシュレットトイレの修理を依頼した場合の相場が気になりますよね。簡単な修理ですと数千円から2万円で修理できる場合が多いです。大規模な水漏れがおきたり、本格的な故障はさらなる出費につながります。できるだけ費用を抑えたい場合は、早めの修理を検討するといいでしょう。

 

ウォシュレットの水漏れを予防するには

ウォシュレットの水漏れを予防するには

 

可能であれば業者の方に修理を依頼する前に、未然に防ぎたいですよね。ここでは、ウォシュレットトイレの水漏れを予防するためのポイントをお伝えしていきます。ポイントは「気温・湿度・汚れ」の三つです。

 

気温

気温が高い夏場はトイレ内の温度が高いです。そのため、温かい空気がたまらないように常に換気をしておきましょう。逆に、寒い冬場はトイレ内の水が凍らないように室温を保温するか、水抜きをするといった対策が必要です。ウォシュレットトイレは精密機器なので、温度に敏感です。そのため、気温が高すぎたり低すぎたりすると故障の原因になります。

 

湿度

トイレ内の湿度が高いとカビが生えやすくなります。そのため、パッキンなどの接続部分が劣化してしまう可能性があります。頻繁な換気をすることが重要になってきます。

 

汚れ

ホコリやカビは、接続部分だけでなく、ウォシュレットトイレ自体の劣化につながります。定期的に、便器、ウォシュレットトイレ本体、接続部分、床の隅にあるホコリを掃除しましょう。

 

まとめ

今回は、ウォシュレットトイレが水漏れしているときの原因と対処法と未然に防ぐためのポイントをお伝えしてきました。今回お伝えしたように、ボトルやパッキンの交換など簡単な修理は自分で行うことができます。

 

しかし、ウォシュレットトイレは電化製品であり、複雑な作業は最悪の場合故障や火災などにもつながりかねません。そのため、自分での修理が不安な場合は、無理をせずに業者の方に依頼してみましょう。安全かつ迅速に対応してくれます。

 

もし、依頼するときは、複数の業者に見積りを依頼して、相場を確認。追加費用などを確認してからにしましょう。この記事を見て、ウォシュレットトイレの水漏れの際に役立つと幸いです。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム