最新情報・レポート

トイレの水が止まらなくて大慌て!原因を知って早めに対処しよう

トイレの水が止まらなくて大慌て!原因を知って早めに対処しよう

 

「トイレを流すと、水が止まらず便器からあふれてきた!」

そのような経験はありませんか?突然のトイレのトラブルは、戸惑うことばかりです。しかし、トイレの構造を知ったうえで、落ち着いて行動すれば自分で直すことができます。

 

このコラムでは、トイレの水があふれてきたときの対処法をご紹介します。すぐに水を止める方法や、トイレの仕組み、考えられるトラブル原因などもわかりやすく解説します。コラムを読んで、適切な対処方法をお選びください。

 

 

【応急処置】とにかく水を止めたい!

便器から突然の水漏れが起こると慌ててしまいます。なんとかしようとレバーを動かしてみても、まったく役に立ちません。それもそのはず、便器の水は、止水栓を閉めなければ止めることができないのです。

 

止水栓とは、水道管から流れてくる水の量を調節するための栓のことです。水道管はたいてい壁からタンク部分に伸びています。一般的な止水栓は、そのタンクの下についています。

トイレの機種によっては、パネルで隠れているものもあるでしょう。止水栓の場所がわからないときは、説明書を読んで確認してください。

 

また、壁ではなく床に水道管が配管されているものもあります。形態は違いますが、機能や構造は、壁に配管してあるものと同じです。この止水栓を閉めることで、便器からの水漏れが解消されます。

根本的な解決にはなりませんが、止水栓を閉めることで被害が拡大することを防ぐことができます。たいていの止水栓はマイナスドライバーで開閉ができますので、いざというときのために準備しておくとよいでしょう。

 

 

原因を究明!仕組みと水漏れ原因を解説

原因を究明!仕組みと水漏れ原因を解説

 

止水栓を閉めた後は、原因の究明をおこないましょう。原因を知るには、まず水洗トイレの仕組みを知る必要があります。きちんと仕組みを理解したうえで、水漏れの原因を考えていきましょう。

 

トイレの水が流れる仕組み

トイレは通常、便器部分とタンク部分に分かれています。水道管から流れてきた水がタンクに溜まり、レバーを引いたタイミングで便器に流れていく仕組みです。

タンクの中にはフロートバルブという弁がついているため、タンクの水が勝手に流れ出ることはありません。レバーを引くことによって、フロートバルブが持ち上がり、一気に流れてゆくのです。

 

タンクに溜まる水の量を一定にするため、タンクの中には「浮き球」というものがあります。タンク内の水量によって浮き球が上下し、水道管から流れてくる水を調節します。

そのほかにも、タンク内の水があふれそうになったとき、外に逃がす役割を持つ「オーバーフロー管」というものも設置してあります。

 

トイレの水漏れ、よくある原因

トイレの水漏れでよくあるのが、フロートバルブの故障です。フロートバルブが何らかの影響で上手くはまっていない状態だったり、劣化によって破損していた場合は、隙間から水が漏れ出てしまいます。

レバーとフロートバルブをつなぐ鎖が切れていないかもチェックしましょう。フロートバルブはレバーと連動しています。フロートバルブが上がった状態で鎖が切れてしまうと、レバーでは制御できなくなります。

 

浮き球が上手く機能していないことも考えられます。浮き球はタンク内の水量を保つために必要な部分です。浮き球が壊れることで、タンクには大量の水が流れ込み、便座部分にも影響が出てきてしまうのです。オーバーフロー管の点検も必要です。オーバーフロー管が破損していると、上手に排水することができず、タンク内外に大きな影響を及ぼしてします。破損個所を見つけたら、すぐに修繕してください。

 

 

【DIY】トイレの水が止まらなくなったときにできる対処法

トイレの水漏れはDIYで修理することができます。DIYとは、専門家以外の人が何かを作ったり、修繕することです。トイレは、簡単な故障であれば、DIYで十分対応できます。修繕に必要なアイテムをそろえて、作業をおこなってください。

 

便器の中で水漏れしているとき

便器の中で水が漏れているときは、その原因を探りましょう。フロートバルブに亀裂が入っていたり、浮き球が劣化して破損していた場合は、新しいものを買って取り付けてください。

 

浮き球やバルブの替えは、ホームセンターで販売しています。あらかじめ大きさや形状を調べておき、それと同じものを買いましょう。

 

トイレの床が濡れているとき

あふれた水のせいで床まで濡れているときは、トイレの全体を見て、不調がないか確認してください。配管からの水漏れの多くは、ゴムパッキンの劣化から置きます。ゴムパッキンもホームセンターに売っているので買ってきて交換しましょう。

 

また、ナットのゆるみも水漏れの原因になります。工具を使って、きちんと締め直してください。配管部分に亀裂が見られるときは、専用剤を使って隙間をうめることができます。

 

 

こんな症状のときは業者を呼ぼう

こんな症状のときは業者を呼ぼう

 

DIYでは直せない症状がある場合には、業者の力を借りましょう。専門業者は修理に慣れているため、手早く的確な作業が期待できます。以下のような症状があるときは、業者に相談してください。

 

水漏れがひどい

水が尋常じゃない量で流れ出てきているときは、DIYで修復できないほどの破損が考えられます。そのような場合は、手早く止水栓を閉めた後に、業者を呼びましょう。また、DIYに自信のない人も、無理に挑戦しようとせずに業者に連絡してください。

 

水漏れの原因が不明

ときには破損した箇所が表面化しない場合もあります。そのようなときこそ業者の出番です。専門業者は多くの経験を積んでいるため、素人目ではわからない箇所でも、きちんと見つけて、適切な処置をおこなうことができます。

 

修理する箇所がわからないまま、やみくもに触ってしまうと、余計な故障をまねいてしまうこともあるでしょう。自分で判断できないときは、プロに頼りましょう。

 

ウォシュレットから水漏れ

ウォシュレットから水漏れがしているときは、自分で修理しようとせずに、業者に相談してください。ウォシュレットの構造は複雑なため、修理には専門的な知識が必要です。

 

知識がないまま修理してしまうと、かえって故障してしまうおそれがあります。また、触る箇所を間違えて、感電してしまう可能性もあるのです。どんなに機械に詳しい人でも、ウォシュレット修理はプロにおまかせしましょう。

 

 

メンテナンスをすることで水漏れ予防ができます

突然起こる水漏れは、日ごろから気をつけることで避けられます。トイレ掃除をしたついでに、トイレのメンテナンスもおこなっていきましょう。

 

トイレのメンテナンスで見てもらいたいのは、配管の接続部分です。パッキンは、少しずつ劣化していきます。劣化が進むことで、あるとき突然水が漏れてしまうことがあるのです。接続部分から水がしみ出してきたらパッキンの交換サインだと考えましょう。

 

たまにタンクの中の掃除をおこなうことも必要です。タンク内の構造を知ることで、いち早く異常事態に気づきやすくなります。また、掃除をして清潔な状態を保つことで、タンク内の器具の劣化を抑える効果も期待できるでしょう。

 

 

まとめ

トイレから水が漏れ出てくると、とても慌ててしまいます。そのようなときこそ、落ち着いて行動することが大切です。止水栓をきっちりと閉めて、故障の原因を探してください。

 

また、いざというときに自分で修復作業ができるよう、水洗トイレの構造を知っておくことも大切です。トイレ掃除のついでに、タンクの中や配管部分、止水栓の位置をチェックしましょう。

 

水漏れが自分の手には負えない、または原因がわからないなどの場合は、専門業者の出番です。無理に自分で作業して、破損を大きくしたり、感電事故を起こす前に、専門業者に相談してください。

 

 

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム